コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がぶり ガブリ

デジタル大辞泉の解説

がぶり

[副]大きな口を開けて一気に食いつくさま。また、水などを一息に飲み込むさま。がぶっ。「犬ががぶりとかみつく」「大波がきて水をがぶりと飲んだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がぶり

( 副 )
(多く「と」を伴って)大きく口を開いて、一気に食いついたり、飲み込んだりするさま。 「リンゴを-とかじる」 「水を-と飲む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

がぶりの関連キーワード変形性腰椎症(腰部変形性脊椎症)伝染性紅斑(りんご病)回帰熱(再帰熱)食み返る・癁る薬物アレルギー東伯がぶりこ貨幣状湿疹琴奨菊和弘がぶり寄り荒勢 永英抗うつ薬冴え返る食み返るがぶっと寒の戻り春一番寒返るリンゴ骨挫傷大波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がぶりの関連情報