ぱくぱく(読み)パクパク

デジタル大辞泉の解説

ぱく‐ぱく

[副](スル)
口を大きく何度も開け閉めするさま。「魚が口をぱくぱく(と)させる」
物の合わせ目などがこわれて開閉するさま。「靴の底がぱくぱくする」
盛んに物を食べるさま。ばくばく。「御飯をぱくぱく(と)食べる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぱくぱく

( 副 ) スル
口を何度もあけたり閉じたりするさま。 「金魚が口を-(と)させる」
物を盛んに食べるさま。 「 -(と)食べる」
物の合わせ目などが開いたり閉じたりするさま。 「靴が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぱく‐ぱく

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 魚などが、しきりに口をあけしめするさまを表わす語。
※水籠(1907)〈伊藤左千夫〉「鰻がね、〈略〉パクパク水を飲んでゐるのさ」
② タバコをしきりにすうさまを表わす語。
※滑稽本・古朽木(1780)四「煙草ぱくぱく」
③ 物をさかんに食べるさまを表わす語。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「蕎麦饅頭をぱくぱくくってゐた」
④ 物の合わせ目やつぎ目が離れかかっているさまを表わす語。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉鉄拳制裁「蓋がぱくぱく開くのを知った」
[2] 〘形動〙 老人の歯が抜けて、あけしめする口にしまりのないさま。
※落語・地獄旅行(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「アー歯を抜かれて仕舞った、宜い気味だ。アレ見よパクパクになった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぱくぱくの関連情報