もりもり(読み)モリモリ

デジタル大辞泉の解説

[副]
旺盛(おうせい)な食欲でどんどん食べるさま。「もりもり(と)食べる」
盛んな意欲で物事をするさま。「もりもり(と)勉強する」
勢いよくふくらむさま。「筋肉でもりもり(と)した胸板」「勇気がもりもり(と)わく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
勢いよくたくさん食べるさま。 -(と)食べて太る
威勢よく物事をするさま。どんどん物事が進むさま。 -(と)仕事をする -(と)力がつく
力強く盛り上がるさま。 筋肉が-している

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 口中に物を含んで噛むさまを表わす語。
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉一〇「お粉粧(しまい)をした顔を馬がモリモリッと噛みましたから」
② 硬いもの、量の多いものなどを、よく食うさま、旺盛な食欲でどんどん食べすすむさまなどを表わす語。
※安吾新日本地理(1951)〈坂口安吾〉安吾・伊勢神宮にゆく「志摩人は原始時代から海の物をモリモリ食っていたのであろう」
③ 勢いよく事を進めるさま、物事を積極的に、意欲的におしすすめるさまを表わす語。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉九七「手頃の杉の樹をモリモリモリと拗(ねぢ)り切って取直し」
※妻隠(1970)〈古井由吉〉「明日からまたもりもり精を出して商売にはげむ」
④ 勢いよく盛り上がったり、ふくらんだり、わき上がったりするさまを表わす語。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「モリモリとむくれ上ってくる波に」
⑤ ものが多くあるさまを表わす語。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉九「蟹がモリモリと網の目に足をひっかけてかかってゐた」
[2] 〘形動〙 もり上がるほど多くあるさま。
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波〉天国の旅「二回目も、モリモリの満員」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もりもりの関連情報