がつがつ(読み)ガツガツ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)
飢えてむやみに食物を欲しがるさま。また、むさぼり食うさま。「のら犬のようにがつがつしている」「そんなにがつがつ(と)食うな」
むやみに欲ばるさま。また、欲ばってある事に励むさま。「金にがつがつ(と)する」「がつがつ(と)勉強する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
(「と」を伴っても用いる)
空腹のため、食物をひどく欲しがるさま。むさぼり食うさま。 -(と)食う
貪欲なまでに物事をするさま。むさぼるさま。 あまり金銭に-(と)するな -(と)勉強する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 食物をむさぼり食うさま、動物的な心情の動作を表わす語。転じて、肉欲その他の欲望一般にも用いる。
※史記抄(1477)一三「後(をそく)爨けばがつがつとして、よいにくうたままで、晨夕まで、ひだるうもなうて、飽たりなんどはせぬぞ」
※雑俳・末摘花(1776‐1801)二「がつがつせぬで女房もち知れる也」
② 満たされない気持を強く表に出すさまを表わす語。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生富士を観る「余りにガツガツと不平ばかりこぼして人を羨む者は」
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉橋下のルンペン「皆女にさはりたくてガツガツしてゐる」
[2] 〘形動〙 食料や金銭などを得たいという欲望が強く現われているさま。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「飯を食ふことには、皆は囚人のやうな執念さを持ってゐた。がつがつだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がつがつの関連情報