コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まど・みちお まど・みちお

知恵蔵miniの解説

まど・みちお

詩人。1909年、山口県生まれ。本名、石田道雄。小学生の頃に日本統治下の台湾に渡り、台北工業学校を卒業後、台湾総督府に勤務。34年、児童雑誌に投稿した作品が詩人北原白秋に認められ、詩や童謡創作を始める。その後、戦地への召集復員を経て、49年から雑誌「チャイルドブック」の編集に従事。その傍ら、「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」「一年生になったら」など童謡の歌詞を手がける。59年からは詩を中心に制作し、68年に詩集てんぷらぴりぴり』で野間児童文芸賞受賞。94年には児童文学ノーベル賞と称される国際アンデルセン賞作家賞を日本人で初めて受賞した。その後も現役で創作活動を続けていたが、2014年2月28日、老衰のため死去した。享年104。

(2014-3-4)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

まど‐みちお〔‐みちを〕【まど・みちお】

[1909~2014]詩人。山口の生まれ。本名、石田道雄。北原白秋与田凖一師事。童謡の作詞家としても活躍。「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「一ねんせいになったら」「ふしぎなポケット」などの作品で知られる。詩集「てんぷらぴりぴり」で昭和43年(1968)野間児童文芸賞受賞。「まど・みちお全詩集」で平成4年(1992)芸術選奨受賞。平成15年(2003)芸術院賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

まどみちお

詩人。山口県徳山町の生まれ。幼少期は同町で祖父に育てられ,少年時代は家族とともに台湾で暮らす。台北工業学校を卒業後台湾総督府道路港湾課に勤務。1934年雑誌《コドモノクニ》に童謡詩を投稿し認められ,1936年童謡《ふたあつ》が作曲された(山口保作曲)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

まど・みちお

[生]1909.11.16. 山口,徳山
[没]2014.2.28. 東京
詩人。本名石田道雄。台湾に渡った家族と離れて,幼少時代を祖父と過ごした。台北工業学校土木科に在学中に同人誌をつくり,詩を書き始めた。1929年同校を卒業して台湾総督府の道路港湾課で働いていたとき,雑誌『コドモノクニ』に応募した童謡詩『ランタナの籬(まがき)』と『雨ふれば』が選者の北原白秋の目に留まり,童謡を本格的に書き始めた。詩人の水上不二と同人誌『昆虫列車』を創刊し,1939年に白やぎと黒やぎの間で,手紙のやりとりがユーモラスに繰り返される『やぎさんゆうびん』を発表した。第2次世界大戦後は工場の守衛を経て出版社に就職,幼児雑誌の編集に携わりながら『ぞうさん』や『ふしぎなポケット』などの童謡詩を発表した。1959年に退職して詩や童謡づくりに専念。1966年,『一ねんせいになったら』を書いた。1968年に最初の詩集『てんぷらぴりぴり』で野間児童文芸賞を受賞。1993年に『まど・みちお全詩集』により芸術選奨文部大臣賞,産経児童出版文化賞大賞,路傍の石文学賞特別賞を受賞。1994年,児童文学のノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞を受賞した。1999年朝日賞,2002年丸山豊記念現代詩賞,2003年日本芸術院賞を受賞。2009年に新作詩集『のぼりくだりの…』『100歳詩集 逃げの一手』を刊行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

まど・みちお (まど みちお)

生年月日:1909年11月16日
昭和時代;平成時代の詩人;童謡詩人

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

まど・みちおの関連キーワードたなをつくりましょうドロップスのうたしゃっくりうたおんぶおばけ地球の子どもまど みちおママだいすき植物のうたキリンさん生年月日一年生

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まど・みちおの関連情報