コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月夜野 つきよの

2件 の用語解説(月夜野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月夜野
つきよの

群馬県北部,みなかみ町南東部の旧町域。利根川の上流部にある。 1955年古馬牧村と桃野村が合体して町制。 2005年水上町,新治村と合体して,みなかみ町となる。越後への交通の要地にあたり開発は古く,中心集落の後閑江戸時代三国街道の宿場町として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月夜野
つきよの

群馬県北部、利根(とね)郡にあった旧町名(月夜野町(まち))。現在は同郡みなかみ町の南部東寄りを占める地域。1955年(昭和30)古馬牧(こめまき)、桃野(ももの)の2村が合併、町制改称。2005年(平成17)水上(みなかみ)町、新治(にいはる)村と合併しみなかみ町となる。旧町域の中央を利根川が南流し、JR上越(じょうえつ)線と国道17号、291号が通じ、上越新幹線の上毛(じょうもう)高原駅、関越自動車道の月夜野インターチェンジがある。旧町の中心は後閑(ごかん)で、『延喜式(えんぎしき)』の上野(こうずけ)九牧の一つがあった所。県史跡に指定されている下津(しもづ)の名胡桃(なぐるみ)城跡には中世の濠塁(ごうるい)の跡が保存されている。養蚕、米作が中心となっていたが、近年ではコンニャクイモ、シイタケの栽培のほか、リンゴやサクランボなどの果樹や野菜栽培が盛んになっている。利根川西岸の大字月夜野の丘上に義民磔茂左衛門(はりつけもざえもん)を祀(まつ)る千日堂がある。同じく月夜野に縄文時代の集落である矢瀬(やぜ)遺跡(国指定史跡)があり、周囲は親水公園となっている。利根川の支流赤谷(あかや)川には黒岩(くろいわ)八景の峡谷美があり、また、国民保養温泉地に指定されている上牧(かみもく)温泉と奈女沢(なめざわ)温泉(釈迦(しゃか)の霊泉)がある。[村木定雄]
『『月夜野町史』(1986・月夜野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月夜野の関連キーワード群馬県利根郡みなかみ町新巻群馬県利根郡みなかみ町大穴群馬県利根郡みなかみ町後閑群馬県利根郡みなかみ町下津群馬県利根郡みなかみ町下牧群馬県利根郡みなかみ町須川群馬県利根郡みなかみ町羽場水上〈町〉群馬県利根郡みなかみ町師群馬県利根郡みなかみ町湯原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月夜野の関連情報