コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ももんじ屋 モモンジヤ

世界大百科事典 第2版の解説

ももんじや【ももんじ屋】

〈ももんじ〉は江戸時代にイノシシ,シカ,タヌキなどの野獣を総称した語で,そうした野獣・野鳥の肉を売り,あるいは食べさせた店を〈ももんじ屋〉といった。獣店(けものだな),獣屋(けだものや)ともいい,江戸には寛文(1661‐73)ころから麴町五丁目,のち同所に隣接する平河町にそうした店があり,イノシシ,シカはもとよりキツネ,ネコ,ヤマイヌ,カラス,トビなどまで売っていた。牛馬などの家畜は食用にすべきではないとする観念は強かったが,それらも当然売られていたと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ももんじ屋
ももんじや

江戸時代、イノシシ、シカ、タヌキなどの獣肉(ももんじ)を売る店、またその商人をいう。日本では奈良時代以降、明治初期まで仏教思想の影響から、表面上、肉類を食べることは忌み嫌われていた。しかし、江戸時代には、獣肉を食うことを薬食いといい、養生のためとして食べる者もいた。江戸の両国、四谷(よつや)、麹町(こうじまち)などに獣肉の店があった。ももんじという語は百獣(ももじゅう)の転訛(てんか)という説があり、毛深い化け物などの意味にも用いられた。[芳井敬郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ももんじ屋の関連キーワード猪鍋肉屋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android