コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

をこと点∥乎己止点∥遠古登点 おことてん

1件 の用語解説(をこと点∥乎己止点∥遠古登点の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おことてん【をこと点∥乎己止点∥遠古登点】

漢文を日本語として読み下すために読み添える動詞活用語尾助動詞,助詞を示す符号で,漢字の四周または字面の上につけたもの。・/七トソナヘユメ○イヨヒなど多くの形がある。符号の位置と形とによって読み方を定める。読み方は多くの流派によって相違する(図)。簡単な片仮名の発達の十分でなかった平安時代極初期にあって,訓読を学びまた伝えるために,経典を汚さず,速く記入できる記号として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

をこと点∥乎己止点∥遠古登点の関連キーワード訓読漢籍読み漢文訓読字訓棒読み取読み読下し読み下し文読下す和読

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone