コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉沢義則 よしざわ よしのり

8件 の用語解説(吉沢義則の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉沢義則

国文学者・歌人。京都帝大教授・文学博士。愛知県生。学生時代に「若菜会」で活躍、その後は国語・国文学の研究に従ったが、雑誌「帚木」、歌集『山なみ集』等創作活動も意欲的に行った。昭和29年(1954)歿、78才。

吉沢義則

国文学者・歌人。京都帝大教授・文学博士。愛知県生。学生時代に「若菜会」で活躍、その後は国語・国文学の研究に従ったが、雑誌「帚木」、歌集『山なみ集』等創作活動も意欲的に行った。昭和29年(1954)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしざわ‐よしのり〔よしざは‐〕【吉沢義則】

[1876~1954]国語学者・国文学者・歌人。愛知の生まれ。東大卒。京大教授。古訓点・平安朝文学などを研究。書家としても知られ、また、短歌雑誌「帚木(ははきぎ)」を主宰。著「国語史概説」「対校源氏物語新釈」、歌集「山なみ集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉沢義則【よしざわよしのり】

国語学者,国文学者,書家。名古屋生れ。旧姓木村。東大国文科卒。京大名誉教授武庫川大学学長等。漢文訓読史,国語文体史,平安文学,書道史等の研究に業績が多い。文学研究においても語史など国語学的側面を重視する京大の国語国文学研究の学風の基礎をつくった。
→関連項目国語学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉沢義則 よしざわ-よしのり

1876-1954 明治-昭和時代の国語・国文学者。
明治9年8月22日生まれ。広島高師教授をへて大正8年京都帝大教授。国語学での訓点・文体史研究,国文学での「源氏物語」や和歌の研究などで成果をあげた。歌人,書家としても知られる。昭和29年11月5日死去。78歳。愛知県出身。東京帝大卒。旧姓は木村。著作に「対校源氏物語新釈」「国語説鈴(せつれい)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

よしざわよしのり【吉沢義則】

1876~1954) 国語・国文学者。名古屋生まれ。東大卒。京大教授。訓点研究の端緒を開き、また平安文学に造詣が深かった。書や和歌もよくした。著「国語国文の研究」「国語説鈴」「国語史概説」「対校源氏物語新釈」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉沢義則
よしざわよしのり

[生]1876.8.22. 名古屋
[没]1954.11.5. 京都
国文学者,国語学者,歌人。 1902年東京大学国文学科卒業。 1919年京都大学教授。文学博士。国文学者としては『室町文学史』 (1936) ,『対校源氏物語新釈』 (1937~40) ,『鎌倉文学史』 (1940) ,『源語釈泉』 (1950) などの著書のほか,『未刊国文古注釈大系』 (1934~38) の編纂などの業績がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉沢義則
よしざわよしのり
(1876―1954)

国語学者、国文学者、書家。名古屋市生まれ。東京帝国大学文科大学国語国文学科卒業。京都帝国大学教授、立命館大学文学部長そのほかを歴任。国語学者としては漢文の訓点の研究を開拓した一人で、ヲコト点の研究を初めて行い、『乎古止(おこと)点の研究』で文学博士となった。論文集に『国語国文の研究』(1927)、『国語説鈴(せつれい)』(1931)がある。国文学者としては平安朝文学、とくに『源氏物語』を専攻し、『対校源氏物語新釈』(1936~37)ほかの著がある。また書に優れ、日展の書道審査員を務めた。日本書道史に関する著もあり、そこでも国語学者として仮名の発生と発達について説いている。[安田尚道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉沢義則の言及

【をこと点∥乎己止点∥遠古登点】より

…〈ヲコト点〉を付した文献を点本という。〈ヲコト点〉の研究は明治以後において吉沢義則(《国語国文の研究》《点本書目》)によって開拓され,春日政治,遠藤嘉基(《訓点資料と訓点語の研究》)や中田祝夫(《古点本の国語学的研究》)および大坪併治,築島裕,小林芳規らによって大いに進められた新しい研究分野である。【大野 晋】。…

※「吉沢義則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉沢義則の関連キーワード北名古屋名古屋扇名古屋行灯名古屋音頭名古屋パルコ名古屋名物名古屋市の地下街愛知県名古屋市西区上名古屋塚本三名古屋海産市場

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone