アイシャドー(英語表記)eye shadow

翻訳|eye shadow

百科事典マイペディアの解説

アイシャドー

目に陰影をつけ美しくみせるための化粧料。まぶたや目じりなどに塗る。古代エジプトですでに使われていた。日本では1935年ころ一般に知られるようになったが,かつては夜のメーキャップや舞台用であった。現在は一般的な化粧の一つになっている。無害の色素を油脂,蝋(ろう),香料などと練り合わせたもので,固形,クリーム,棒状がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイシャドー【eye shadow】

まぶたなど目のまわりに塗って陰影をつけ立体的に見せるために使われてきた化粧品。現代ではアイカラーとも呼ばれ,陰影だけでなくより色彩を強調するようになっている。目の化粧はすでに前3500年ころから古代エジプトやクレタ島で行われており,孔雀(くじやく)石を砕いた緑色の粉末や,硫化アンチモンなどから作った黒いコールで目の縁やまつ毛を彩った。これらは強い太陽光線や虫から目を保護し,眼病を予防したり,また魔よけなどの呪術的目的をもっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アイシャドー【eye shadow】

目元に陰影をつけるために、まぶたに塗る化粧品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイシャドー
あいしゃどー
eye shadow

(まぶた)に塗る化粧料。目の周囲に陰影(シャドー)を描く化粧法で、顔全体を立体的に見せる効果がある。起源は古代エジプト時代で、魔除(まよ)けのためとも、目の病気から守るためともいわれている。黒と緑の2色の染料が使われ、黒は粘土鉱物の一種のコリライト、緑はくじゃく石の粉末が用いられ、目の周りを彩った。この化粧法はギリシア・ローマ時代にも続き、その後、ベールで顔を隠すアラビア女性におしゃれとして受け継がれた。しかし西ヨーロッパには伝わらず、アイシャドーを塗る女性はいなかったが、18世紀ごろ初めて舞台化粧のドーランとともに使われた。一般的になるのは20世紀なかば、メーキャップのポイントが唇から目に移ったといわれる時期からで、それ以後、アイシャドーに限らず、目にアクセントを置いた化粧が注目を集めるようになった。日本での瞼の化粧は赤土化粧に始まるといわれ、魔除けとして目の周りに赤く塗ったものが埴輪(はにわ)のなかに残されている。江戸時代、目尻(めじり)に紅をはく化粧もあった。アイシャドーがわが国に輸入されたのは大正期で、アメリカのメイペリン社製のものであった。1933年(昭和8)ごろアイシャドーが国産化されたが、当時はステージ用か夜のメーキャップに使用されたにすぎなかった。
 アイシャドーの原料はワセリン、ラノリンなどを混合した基礎クリームに、香料、有機色素を加え、スティック(棒)状、練り状の固形塗りのものから、最近ではペンシルタイプやパウダータイプのものが多く使用される。色もブラウン系、ブルー系、紅系やパール・ゴールド系まで幅が広い。化粧法としては、上まつげの付け根へもっとも濃く、瞼の上へいくほどぼかし、目頭から目尻までに塗り分けるのが一般的である。[横田富佐子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アイ‐シャドー

〘名〙 (eye shadow) 目もとに陰影をつけるために、まぶたに塗る青色、灰色などの化粧料。
※モダン化粧室(1931)〈ハリー牛山〉「鈴を振った様に涼しい眼を大きく見せる為に、アイシャドウをつけて見る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイシャドーの関連情報