アイゼナハ派(読み)アイゼナハは

百科事典マイペディアの解説

アイゼナハ派【アイゼナハは】

ドイツ初期社会主義の一派。1869年ベーベル,W.リープクネヒトらの指導のもとにアイゼナハEisenachで創設されたドイツ社会民主労働者党ラサール派に対してこう呼ぶ。この派はマルクス,エンゲルスの影響が強いとされ,1875年ラサール派と合同し,ドイツ社会主義労働党を結成。→アイゼナハ綱領ドイツ社会民主党
→関連項目ゴータ綱領

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゼナハ派
あいぜなはは
Eisenacher

全ドイツ労働者協会に対抗して、1869年、社会民主労働者党を結成したグループ。全ドイツ労働者協会は、ラッサール死後もシュワイツァーの指導下にビスマルクとの妥協策をとっていたが、一方、ドイツ労働者協会連盟を率いるベーベルやW・リープクネヒトらは、J・P・ベッカーの活動などによって労働者の間に広められていた第一インターナショナルの綱領を受け入れ、1869年8月、アイゼナハEisenachでマルクス主義的綱領を掲げる社会民主労働者党を結成した。綱領は、「自由な国民国家の樹立」を目標としたが、ラッサールの影響を完全には払拭(ふっしょく)できなかった。同党は1875年、全ドイツ労働者協会と合同し、ドイツ社会主義労働者党となった。

[松 俊夫]

『メーリング著、足利末男他訳『ドイツ社会民主主義史 下巻』(1969・ミネルヴァ書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アイゼナハ派
アイゼナハは
Eisenacher

1869年ドイツ社会民主労働者党を結成した,ドイツのマルクス主義にもとづく社会主義者の組織
ベーベルやW.リープクネヒトらが中心で,ラサール派の全ドイツ労働者同盟に対抗し,チューリンゲンのアイゼナハ市でこの党を結成。1875年ゴータで両派は合同し,ドイツ社会主義労働者党(のち1890年にドイツ社会民主党改称)に発展。1890年からはこの党の主流となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のアイゼナハ派の言及

【ゴータ綱領】より

…1875年5月,全ドイツ労働者協会(ラサール派)と社会主義労働者党(アイゼナハ派)がドイツのゴータ市で合同大会を開いて採択した綱領。それに基づいて両派はドイツ社会民主労働者党へと発展解消し,その後のドイツ社会民主党の発展の基礎が築かれた。…

※「アイゼナハ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報