コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリッシュ海 アイリッシュかいIrish Sea

5件 の用語解説(アイリッシュ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイリッシュ海
アイリッシュかい
Irish Sea

アイルランド海ともいう。アイルランド島と,グレートブリテン島にはさまれた海。北はノース海峡,南はセントジョージズ海峡大西洋とつながっている。大陸棚の一部なので全体に浅く,平均深度約 60m,最大深度約 273m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイリッシュ‐かい【アイリッシュ海】

Irish Sea》英国のグレートブリテン島とアイルランド島との間にある海。北側のノース海峡、南側のセントジョージ海峡を通じて大西洋と繋がる。中央にマン島が浮かぶ。アイルランド海
[補説]1950年代から80年代にかけて英国のセラフィールドにある再処理工場から大量の放射性廃液が放出され、環境汚染が深刻な問題となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アイリッシュ海【アイリッシュかい】

ヨーロッパの西部,グレート・ブリテン島とアイルランド島との間にある内海。北はノース海峡,南はセントジョージ海峡で大西洋につながる。長さ322km,最大幅225km,面積1万8129km2で,中央北部にマン島がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイリッシュかい【アイリッシュ海 Irish Sea】

グレート・ブリテン島とアイルランド島の間にある大西洋の付属海。ローマ時代にはオケアヌス・ヒベルニクスと呼ばれた。長さ約210km,最大幅225kmで面積10万3600km2。北はノース海峡,南はセント・ジョージ海峡によって大西洋とつながる内海であり,平均水深も約66mと浅いが,アイルランド寄りに小海溝を有し,最深部は256mとなる。中部にマン,アングルシー,ホリーヘッドなどの島がある。近海漁業が行われ,フリートウッド(ランカシャー州)が中心漁港である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイリッシュ海
あいりっしゅかい
Irish Sea

イギリス諸島のグレート・ブリテン島とアイルランド島との間の内海。北はノース海峡、南はセント・ジョージ海峡を経て大西洋に連なる。面積10万4000平方キロメートル、平均深度約66メートル、最深部272メートル(ノース海峡中央部)。中央にマン島がある。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイリッシュ海の関連情報