コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリング Eyring, Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイリング
Eyring, Henry

[生]1901.2.20. コロニアフアレス
[没]1981.12.26. ソルトレークシティー
メキシコ出身のアメリカの物理化学者。 1912年渡米し,35年帰化した。アリゾナ大学,カリフォルニア大学で学び,ドイツのカイザー・ウィルヘルム研究所に留学 (1929~30) 。帰国後,カリフォルニア大学,プリンストン大学教授を経て 46年から 20年間ユタ大学大学院主任教授の地位にあった。化学反応を量子力学・統計力学的に扱い,35年には活性錯合体の概念を用いて絶対反応速度論を発表。酵素反応,吸着,光学活性の研究などでも著名であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイリング

米国の物理化学者。メキシコ生れ。1912年渡米,1935年帰化。1938年プリンストン大学教授,1946年ユタ大学教授。1931年ポラニとともに活性化エネルギーの量子論的計算法を発表。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイリング
あいりんぐ
Henry Eyring
(1901―1981)

アメリカの物理化学者。化学反応速度理論についての業績で知られる。2月20日メキシコで生まれ、1912年アメリカに渡り、アリゾナ大学を経て、1927年カリフォルニア大学で学位を取得、1930年同大学講師となった。1935年アメリカに帰化、その後プリンストン大学教授を経て、1946年以降ユタ大学教授。化学反応は一般に複数の素反応から構成されることが多く、その理論的構築のためには、まず素反応理論の定式化が要求される。アイリングはM・ポランニーの協力を得て、1931年から1935年にかけて、この素反応についての「転移状態理論」を、統計力学、量子力学に基礎を置いた理論としてつくりあげた。その体系を詳述した『絶対反応速度論The Theory of Rate Processes(共著・1941)は、今日なお、反応理論の基準的書物として広く用いられている。アイリングは液体の「空孔理論」などの業績もあげている。[荒川 泓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイリングの関連キーワードアイリングの式(反応速度の式)ノリス‐アイリングの残響公式アイリングの式(残響公式)ミリントンの残響公式アイリングの粘度式セイビンの残響式アレニウス活性錯合体核実験

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android