コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイルランド語 アイルランドごIrish language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイルランド語
アイルランドご
Irish language

インド=ヨーロッパ語族のケルト語派に属する言語。スコットランド・ゲーリック語などとともにゴイデリック諸語をなす。最も古い時期の姿は,オガム文字碑文にある程度うかがうことができる。5世紀にローマ字アイルランドにもたらされ,以後の文献はローマ字で書かれている。古代アイルランド語は動詞の複雑な活用組織をよくとどめている。近世以後,次第に英語の勢力に押され衰退したが,現在,アイルランド共和国公用語として教育・普及がはかられている。今日では約 100万人の話し手がいると報告されているが,アイルランド語を第1の母語とする者はそのうち約3万人とみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アイルランド語【アイルランドご】

インド・ヨーロッパ語族のケルト語派に属するゲーリック語の一つ。スコットランド・ゲーリック語に近い。最古の資料はオガムと呼ばれる特殊な表記による5―6世紀ごろの碑文。
→関連項目ゲーリック語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイルランドご【アイルランド語 Irish】

ヨーロッパに現存するインド・ヨーロッパ語族の中で,古典語を除き最も古い文献を有する言語の一つで,4~5世紀のオガムOgham文字による碑文にさかのぼる。なお,この文字は直線と斜線組合せからなる独特の文字である(図)。古期アイルランド語(600‐900)はほとんど宗教上の注解の語彙からなっているが,中期アイルランド語(900‐1200)にはおびただしい神話・伝説,口承文学写本が残っている。さらに近世初期(1200‐1650)には古典的リズムに基づく詩作品が多く,よくケルト的伝統を伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アイルランドご【アイルランド語】

インド-ヨーロッパ語族のケルト語派に属する言語の一。英語とともにアイルランド共和国の公用語。古代に栄えたケルト語の末裔まつえい。独自の文字があるが、いくつかの文字を除いてラテン文字を使用。中世には神話・伝説などの文学が豊か。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアイルランド語の言及

【アイルランド】より

…正式名称=アイルランドÉire(エール=アイルランド語)∥Ireland(英語)面積=7万0285km2人口(1996)=359万人首都=ダブリンDublin(日本との時差=-9時間)主要言語=アイルランド語,英語通貨=アイルランド・ポンドIrish Poundヨーロッパ北西部,アイルランド島にある共和国。アイルランド共和国は憲法で全島を国土と規定しているが,現実にはイギリスに属する北アイルランドを除く島の約8割を統治している。…

※「アイルランド語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイルランド語の関連キーワードエール(アイルランド共和国)ジョゼフ バンドリエスインド・ヨーロッパ語族イタロ=ケルト語派青年アイルランド党バレンシア[島]セイウチ(海象)ブリソニック諸語アイルランド音楽アラン[諸島]トゥルナイゼンベルファストゴールウェーバンドリエスウェールズ語フーリガンマンスターキルケニーラテン文字ニューリー

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイルランド語の関連情報