コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウストラロピテクス アウストラロピテクス 〈ラテン〉Australopithecus

5件 の用語解説(アウストラロピテクスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アウストラロピテクス(〈ラテン〉Australopithecus)

《南の猿の意》約400万年から100万年前にかけて生息していた初期の人類。1924年、南アフリカでR=ダートにより発見された。頭蓋(とうがい)の容量はゴリラとほぼ同じで、直立歩行した。オーストラロピテクス。→アウストラロピテクス‐アフリカヌスアウストラロピテクス‐アファレンシスアウストラロピテクス‐セディバ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アウストラロピテクス

最古の化石人類猿人の一部をさす属名。〈南のサル〉の意。オーストラロピテクスとも。1924年南アフリカベチュアナランドタウングで最初に発見,R.ダートにより紹介された。
→関連項目カニバリズム人類鮮新世メガントロプス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アウストラロピテクス【Australopithecus】

〈南の〉を意味するラテン語australisと,〈サル〉を意味するギリシア語pithēkosからの造語で,〈南のサル〉の意。オーストラロピテクスともいわれる。南アフリカから東アフリカにわたる地域で発見される猿人の一部,ないしは全部をさす動物分類学上の属名として使われる。1925年にR.ダートが,タウング出土の幼児頭骨にアウストラロピテクスアフリカヌスの学名を与えたのが,この用語の始まりである。ダートは原始的人類と直接的に関係の深いサル(類人猿)の化石と考えてこの名を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アウストラロピテクス【Australopithecus】

〔南の猿の意〕
1924年以来、アフリカ南部で発見された化石人類の一群。猿人に属す。約400万年前から約150万年前頃まで生息していたと考えられている。脳容量はゴリラくらいで、直立歩行した。オーストラロピテクス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウストラロピテクス
あうすとらろぴてくす
Australopithecus

猿人の段階に属するもっとも初期の化石人類の属名。今日では多数の標本が発見され、幾種にも分けられ、人類進化上の確固たる地位を占めるが、最初の発見は四半世紀無視されてきた歴史をもつ。1924年、南アフリカ、ヨハネスバーグのウィトワーテルスランド大学の解剖学教授R・ダートはベチュアナランド(ボツワナ)のタウングの石灰岩採石場出土の幼年頭骨を入手、これこそヒトと類人猿を結び付けるミッシングリンク(失われた鎖の輪)に違いないと確信し、「アフリカの南のサル」という意味でアウストラロピテクス・アフリカヌスと命名、発表した。しかし、当時の権威たちはこれを素人(しろうと)論にすぎないと否定した。古生物学者R・ブルームはダートの見解を立証するため1930年代後半に南アフリカ各地でたび重なる発掘を行い、多数の同類標本を得た。1945年前後より欧米の学者によって再検討され、アウストラロピテクス属のほかにパラントロプス属も設定された。しかし、今日ではこれらは再び同一属にまとめられている。前者は華奢(きゃしゃ)型でアウストラロピテクス・アフリカヌス、後者は頑丈型でアウストラロピテクス・ロブストゥスとよばれる。また、属か種かわからないとして、それぞれ華奢型、頑丈型ということもある。
 1959年、東アフリカ、タンザニアのオルドワイ渓谷より、東アフリカのルイス・リーキーと妻メアリーがジンジャントロプス・ボイセイを発見し、続いて翌年、やや離れた地点で、それより一段古い層よりホモ・ハビリスを発掘した。今日前者はアウストラロピテクス・ボイセイとよばれている。後者は前者より古い年代に生存したが、進歩的な特徴をもっているため、ホモ属の祖とされ、アウストラロピテクスと一線を引かれている。リーキー夫妻の息子のリチャード・リーキーらは、東アフリカの大地溝帯内より多数のアウストラロピテクス類の化石を発見している。1979年アメリカのD・C・ジョハンソンは、エチオピアのアファール低地出土、およびタンザニアのラエトリ出土の骨をまとめて、アウストラロピテクス・アファレンシスなる種を提唱、これをもって最原始種となしたが、1995年ケニアのカナポイなどから発見された化石骨はさらに原始的で、今日アウストラロピテクス・アナメンシスとよばれる。
 以上、多種にわたるため、アウストラロピテクス類の特徴を一括して述べることはむずかしいが、比較的新しいものについては次のことがあげられる。
(1)直立姿勢をとっていること。これは、骨盤を形成する寛骨(かんこつ)がいくつも出土しており、類人猿のそれとは違い腸骨翼が広く、上半身を支えるのに適していることから、ただちに理解できる。そのほか頭蓋(とうがい)底の形態や四肢骨からも十分に推察できる。
(2)頭蓋容量は平均が500ミリリットル強で、現生人類のそれの3分の1強にすぎずゴリラとほぼ等しい。
(3)上下顎骨(がくこつ)などのそしゃく器はきわめて強大で、とくにロブストゥスやボイセイではそれが著しい。脳頭蓋の咀嚼筋付着部を広くするために、頭頂部に前後方向に走る矢状稜(りょう)が形成される。
(4)歯は大きく、とくに大小臼歯(きゅうし)が大きいが、臼歯の歯冠は丸味を帯びる。しかし、類人猿と異なり、犬歯が著しく退縮し、牙(きば)とはいえなくなった。また、歯列弓も放物線状になり、類人猿のコの字状と明らかに区別される。また、犬歯が牙をなしている類人猿の場合は側切歯と犬歯の間に歯隙(しげき)ができるが、それもみられない。
 1950年代には、アウストラロピテクスが直立姿勢をとり、直立二足歩行を行うことは了解されたが、彼らが人類であるか、類人猿であるかについては、多くの論議が重ねられた。しかし、ジンジャントロプスの発見とともに出土したきわめて粗雑な礫(れき)石器を、リーキーは引き続き発見されたハビリスの手になるものだと推測した。それ以来、多数の石器が東アフリカを中心とする各地から発見されている。これらはアウストラロピテクス類が使用したと考えられており、自ら人類であることを証明した。その生存年代はさまざまな測定値が出されているが、おおよそ420万年前から約100万年前と考えられている。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアウストラロピテクスの言及

【霊長類】より

…また,ヨーロッパではテナガザルの祖型と考えられているプリオピテクスPliopithecusが,イタリアからはオレオピテクスOreopithecusの完全な化石が発見されているし,プロコンスルProconsul,ドリオピテクスDryopithecus,ラマピテクスRamapithecus,ギガントピテクスGigantopithecusなどの現生類人猿やヒトに近縁な化石がアフロ・ユーラシア各地で発見されている。そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。現生の原猿につながる化石はきわめて少ないが,インドの鮮新世の地層からはロリス科のインドラロリスIndralorisの化石が知られている。…

【採集狩猟文化】より

…しかし,彼らの生活様式は,今日なお人類の原初的な文化の伝統を引き継いでいると考えられる。
[先史時代]
 人類史の90%以上を占める前期旧石器時代は,ヒトの進化と文化の発達がきわめてゆっくりと進行した時代で,この時代の猿人(アウストラロピテクス)とそれに続く原人(ホモ・エレクトゥス)は,粗雑な加工の石核石器や剝片石器を有していたにすぎない。これらの石器は,狩猟用の武器というよりも,木槍や棍棒あるいは掘棒といった狩猟具,採集具の製作用具として,また,獲物を解体するための刃物として使用されたと考えられる。…

【人類】より

…したがって,ヒトの系列を古くさかのぼればさかのぼるほど,これらの特徴は薄れてゆくが,進化の速度は特徴によって異なり,いわゆるモザイク進化を示している。たとえば,200万年前のアウストラロピテクス群は,歯の特徴や直立歩行に関連する諸形態ではヒト科の資格を十分に満たしていながら,脳容積は大型類人猿と区別できないほど小さい。また,下顎骨のおとがいは約10万年前のネアンデルタール群以後に形成されるが,脳容積の拡大はこの段階で停止する。…

【ダート】より

…オーストラリア生れの解剖学者,人類学者。南アフリカ共和国ウィトワーテルスラント大学の教授として在任中の1924年,タウング出土の化石の中に,類人猿と人類の中間のものにあたると考えた幼児の頭骨を発見し,その翌年,それをアウストラロピテクスの名で公表した。これが現在いう猿人の,最初の化石の発見である。…

【ホミニゼーション】より

…ヒト化ともいう。1924年に初めて南アフリカのタウングで見つかって以来,タンザニアのオルドバイからエチオピアのオモにかけての東アフリカ大地溝帯を中心に,これまでに500体分以上の猿人すなわちアウストラロピテクス化石が発見された。それらの大部分は断片的な骨や歯であったが,いずれもほぼ完全な直立二足歩行者であることを示していた。…

【霊長類】より

…また,ヨーロッパではテナガザルの祖型と考えられているプリオピテクスPliopithecusが,イタリアからはオレオピテクスOreopithecusの完全な化石が発見されているし,プロコンスルProconsul,ドリオピテクスDryopithecus,ラマピテクスRamapithecus,ギガントピテクスGigantopithecusなどの現生類人猿やヒトに近縁な化石がアフロ・ユーラシア各地で発見されている。そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。現生の原猿につながる化石はきわめて少ないが,インドの鮮新世の地層からはロリス科のインドラロリスIndralorisの化石が知られている。…

※「アウストラロピテクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アウストラロピテクスの関連キーワードクレド召命直観ロゴス思弁羅甸エシェリヒアコリパーセミックイタリアン・コルソ・ドッグ第3手根骨 (3rd carpal bone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウストラロピテクスの関連情報