コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカイエカ アカイエカCulex pipiens pallens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカイエカ
Culex pipiens pallens

双翅目科。体長 5.5mm内外,翅長 4.5mm内外。体色は赤褐色であるが,腹部背面は黒褐色で,第2~7の各節基部に黄白色の細い帯がある。肢は腿節と脛節の末端に細い白帯がある。夜間吸血性で,ヒト,鳥類を好んで吸血する。日本全土に分布する最も普通のカで,下水,溝,貯水槽などに発生する。近縁のチカイエカ C. molestusは,形態的には本種に酷似していて区別が困難であるが,雌が吸血することなく産卵する。都市の下水などに発生する。 (→ , コガタアカイエカ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アカイエカ

双翅(そうし)目カ科の昆虫の1種。体長5.5mm内外,暗黄褐色。幼虫は下水,水たまりなど汚水を好み,清水にはすまない。成虫は晩春から初秋にかけて現れ,夜間人畜を吸血するが,一部は成虫で越冬する。
→関連項目イエカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカイエカ
あかいえか / 赤家蚊
[学]Culex pipiens pallens

昆虫綱双翅(そうし)目長角亜目カ科に属する昆虫。北海道から本州、四国、九州に分布し、民家の周辺にもっとも普通にみられる。体長5.5ミリメートル内外の中形のカで、体色は赤褐色。雌は吸血性で、夜間に活動する。幼虫(ボウフラ)は、どぶ、用水、肥料溜(だめ)など腐敗した水たまりに好んで発生する。本種の近似種にネッタイイエカC. pipiens quinquefasciatusがあり、これは小笠原(おがさわら)諸島、琉球(りゅうきゅう)諸島、奄美(あまみ)諸島を含む全世界の亜熱帯と熱帯に分布する。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアカイエカの言及

【イエカ】より

…双翅目カ科イエカ属Culexに属する昆虫の総称。あるいはこのうちアカイエカ群を主体とする家屋内にふつうにいるカ(英名house mosquito)を指す。イエカ属は全世界で約700種,日本では約30種が知られている。…

※「アカイエカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカイエカの関連キーワード糸状虫症(フィラリア症)バンクロフト糸状虫フィラリア症フィラリア吸血動物日本脳炎地下家蚊糸状虫類赤家蚊季節病昆虫学糸状虫赤斑蚊疫学蚊柱家蚊

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカイエカの関連情報