コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカエビ アカエビ Metapenaeopsis barbata

4件 の用語解説(アカエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカエビ
アカエビ
Metapenaeopsis barbata

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長 10cmほどで,細長い。体表全体が短毛に覆われている。全体に赤紫色で,濃色の不規則な斑紋がある。額角の上縁に 6~7歯あるが,下縁にはない。頭胸甲の後側縁付近にある発音器は 18~25個の顆粒からなるが,ごく近縁のトラエビ M. acclivis では 13~18個である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アカエビ

 [Metapenaeopsis barbata].エビ目クルマエビ亜目のエビ.体長13cmほどになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アカエビ【Metapenaeopsis barbata】

体長12cmに達する甲殻綱クルマエビ科のエビ(イラスト)。甲は厚く,不規則なくぼみがあり,粗毛が密生している。額角はまっすぐで,上縁に6~7本のとげがある。頭胸甲にはとげがあり,後側縁に沿って18~25の小隆起が並んだ発音器がある。産卵の盛期は7~8月で,9月には稚エビが多量に見られるようになる。11月ごろまで成長し,越冬後6月から7月にかけて急に成長して産卵する。産卵後は死ぬため寿命は1年であるが,生殖期の初期に産卵されたものの中には年内に成熟して産卵,死滅する短期世代のものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカエビ
あかえび / 赤蝦
whiskered velvet shrimp
[学]Metapenaeopsis barbata

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属する食用エビ。房総半島から九州、南シナ海、インドネシア海域、オーストラリア東岸にかけて分布し、内湾の水深5~30メートルの砂泥底にすむ。体長10センチメートルほどになり、甲は厚く、不規則なくぼみがあって短毛が密生している。額角(がっかく)はまっすぐで、上縁に6~7歯ある。頭胸甲の後側縁に沿って18~25個の小顆粒(しょうかりゅう)が並んだ発音器がある。産卵の盛期は7~8月で、孵化(ふか)した稚エビは翌年の6~7月に急に成長し、産卵後に死ぬ。高級品ではないが、むきえびなどにして利用される。近縁種のトラエビM. acclivisも混獲されるが、斑紋(はんもん)はむしろアカエビより赤いので識別できる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカエビの関連キーワードクマエビクルマエビシバエビ虎海老沼海老赤蝦藻蝦クマエビ(熊蝦)クルマエビ(車蝦)サルエビ(猿蝦)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカエビの関連情報