コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカエビ Metapenaeopsis barbata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカエビ
Metapenaeopsis barbata

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長 10cmほどで,細長い。体表全体が短毛に覆われている。全体に赤紫色で,濃色の不規則な斑紋がある。額角の上縁に 6~7歯あるが,下縁にはない。頭胸甲の後側縁付近にある発音器は 18~25個の顆粒からなるが,ごく近縁のトラエビ M. acclivis では 13~18個である。えび漕網で漁獲され,干しえび,むきえび,釣餌として利用される。本州中部以南マレー諸島まで分布する。内湾の浅海性で伊勢湾瀬戸内海有明海に特に多い。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

アカエビ

 [Metapenaeopsis barbata].エビ目クルマエビ亜目のエビ.体長13cmほどになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカエビ【Metapenaeopsis barbata】

体長12cmに達する甲殻綱クルマエビ科のエビ(イラスト)。甲は厚く,不規則なくぼみがあり,粗毛が密生している。額角はまっすぐで,上縁に6~7本のとげがある。頭胸甲にはとげがあり,後側縁に沿って18~25の小隆起が並んだ発音器がある。産卵盛期は7~8月で,9月には稚エビが多量に見られるようになる。11月ごろまで成長し,越冬後6月から7月にかけて急に成長して産卵する。産卵後は死ぬため寿命は1年であるが,生殖期の初期に産卵されたものの中には年内に成熟して産卵,死滅する短期世代のものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカエビ
あかえび / 赤蝦
whiskered velvet shrimp
[学]Metapenaeopsis barbata

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属する食用エビ。房総半島から九州、南シナ海、インドネシア海域、オーストラリア東岸にかけて分布し、内湾の水深5~30メートルの砂泥底にすむ。体長10センチメートルほどになり、甲は厚く、不規則なくぼみがあって短毛が密生している。額角(がっかく)はまっすぐで、上縁に6~7歯ある。頭胸甲の後側縁に沿って18~25個の小顆粒(しょうかりゅう)が並んだ発音器がある。産卵の盛期は7~8月で、孵化(ふか)した稚エビは翌年の6~7月に急に成長し、産卵後に死ぬ。高級品ではないが、むきえびなどにして利用される。近縁種のトラエビM. acclivisも混獲されるが、斑紋(はんもん)はむしろアカエビより赤いので識別できる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカエビの関連キーワードホッコクアカエビ(北国赤蝦)かちエビちらしずしクマエビ(熊蝦)ホッコクアカエビエビヤドリムシ異時的雌雄同体総漁獲可能量南蛮エビアマエビ北転船虎海老甘海老甘蝦長洲甲類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android