コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカザ科 アカザか Chenopodiaceae

2件 の用語解説(アカザ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカザ科
アカザか
Chenopodiaceae

双子葉植物アカザ目の1科。 100余属 1400~1500種あるとされる。世界に広く分布する草本ないし小低木であるが,多くは好塩性の植物で,砂漠などの乾燥地に好んで生える。このため主要な分布地は,北アメリカプレーリー中央アジアの乾荒原,オーストラリアアラビア半島南アメリカパンパ地帯などで,特殊な植生の構成者となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカザ科
あかざか
[学]Chenopodiaceae

双子葉植物、離弁花類。一年草または多年草、まれに低木性のものもある。葉は托葉(たくよう)のない単葉で、互生し質は厚く、鱗片(りんぺん)状に退化するものも多い。花は風媒で、単性または両性で小形、帯緑色で放射相称。花被(かひ)は2~5片からなる。雄しべは花被片と同数またはこれより少なく、花被片と対生する。雌しべは1本、子房は上位で1室、胚珠(はいしゅ)は1個で半倒生、花柱は1~3本、胞果は花被に包まれ、種子は1個。アカザ、ホウレンソウ、ビートなど世界に約100属1500種あり、日本にはアッケシソウ、ハママツナ、オカヒジキ、アリタソウなど自生種のほか、帰化種も多い。乾燥や塩分に強く、中央アジアの高原や海岸、死海などの塩水湖に特殊な分布をするものが多い。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカザ科の言及

【アカザ(藜)】より

…食用のために栽培するアカザ科の一年草(イラスト)。芽心や若い茎葉が赤いのでアカザの名がある。…

※「アカザ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカザ科の関連キーワード双子葉植物托葉単子葉植物赤花主根禾本科合弁花類網状脈双子葉類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカザ科の関連情報