コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカボウクジラ(赤坊鯨) アカボウクジラ Cuvier’s beaked whale

1件 の用語解説(アカボウクジラ(赤坊鯨)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アカボウクジラ【アカボウクジラ(赤坊鯨) Cuvier’s beaked whale】

クジラ亜目アカボウクジラ科の哺乳類。同科中もっともふつうの種類で,南・北両極圏以外のいたるところの外洋に分布する。成体では平均体長6m前後に達し,雌は雄よりも30cm程度大きい。体は紡錘形で頭部は小さく,短い吻(ふん)は滑らかに前頭部に移行する。鼻孔は頭頂部に1個ある。咽喉(いんこう)部には,後方に開いた“ハ”の字形の1対の溝がある。上あごには歯がなく,下あご先端にのみ1対の丸い歯があるが,幼体や雌では出ていないことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカボウクジラ(赤坊鯨)の関連キーワード赤坊鯨小鰯鯨克鯨座頭鯨背美鯨槌鯨歯鯨鬚鯨長須鯨真巨頭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone