コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル) あがりくすあがりくすぶらぜいむりる

1件 の用語解説(アガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

あがりくすあがりくすぶらぜいむりる【アガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)】

〈制がん作用で脚光を浴びるアガリクス〉
 アガリクスブラジル原産のキノコで、和名は「ヒメマツタケ」です。ハラタケ科に属し、マッシュルームの仲間ですが、姿や香り高いことがマツタケに似ているので、こう呼ばれています。食べてもおいしいですが、薬用として用いられる場合がほとんどです。
○栄養成分としての働き
 1980年アガリクスに免疫活性作用があること、その翌年には抗腫瘍性(こうしゅようせい)があることが学会で発表され、一躍脚光を浴びました。アガリクスには各種アミノ酸を含む粗たんぱく質、粗脂肪、ビタミン、ミネラルなどが含まれるほか、免疫力を高め、抗がん効果をもつ多糖類が6種類以上も見つかっています。なかでもβ(ベータ)グルカンは免疫力を高めることで知られています。近年の研究により、多糖類のATOMは食べた場合でもがん増殖を抑制すること、ATFはナチュラルキラー細胞ががん増殖を抑制するのを助けるうえ、がん細胞そのものを自殺に追いやることが判明しました。これらの働きが、アガリクスのすぐれた抗がん作用を生み出すと考えられています。
〈B型肝炎や糖尿病にも有効との臨床例〉
 アガリクスには血糖値上昇を抑制する働きがあるので糖尿病予防が期待されますし、実際に血糖降下剤と併用して糖尿病を改善した例も多く報告されています。
 またアガリクスを食べた慢性B型肝炎の人の肝機能が改善されたり、抽出液を投与するとヒスタミンの遊離を抑制したりすることが報告され、肝機能改善やアレルギー症状の軽減に効果が期待されます。
〈種類が多いアガリクスのサプリメント
 キノコは、地上に現れる子実体と地下の菌糸体とで構成されます。日本でもアガリクスは栽培されるようになりましたが、自己分解酵素が強く、収穫後2日ほどで真っ黒くなり溶けてしまうので、子実体は乾燥品か成分の抽出品が一般的です。子実体は、あまり精製しないで摂取するほうが薬効は高いといわれますが、栽培地、キノコ培養の資材などにより品質にばらつきがでる場合があります。一方、菌糸体はタンク培養され品質は一定です。これは抽出品が販売されています。なお菌糸体にもすぐれた抗がん作用がありますが、子実体とは若干異なります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

アガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)の関連キーワードグロピウスアガリクス上がり端上がり湯脚光を浴びる水浴び浴する冷眼視線を浴びるアガリシアン岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone