コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキギリ

3件 の用語解説(アキギリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アキギリ

シソ科の多年草。本州(中部〜近畿地方)の山地の木陰にはえる。高さ30cm内外,葉は対生し,矢じり形で長い柄がある。秋,茎の上部に10〜20cmの花穂をつける。花冠は淡紫色,大型の唇形(しんけい)花で長さ2.5〜3cm,先は2唇形で広く開き下唇は3裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アキギリ【Salvia glabrescens Makino】

秋にキリに似た花をつけるところから秋桐と呼ばれ,葉の形が三角形で琴の糸をささえる琴柱(ことじ)に似ているところから,一名コトジソウともいう(イラスト)。山の木陰や道端に生えるシソ科の多年草で,秋に紅紫色の美しい花をつける。茎は四角形で,基部は地表に横たわり,先の方は直立して高さ20~50cmぐらいになる。根は細い普通の根と,紡錘形に太くなって栄養を蓄える太い根とがある。葉は葉柄があって対生し,葉身は中央部の左右と,中央の基部がくびれた三角形で,長さ5~10cm,形には変異が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキギリ
あきぎり / 秋桐
[学]Salvia glabrescens Makino

シソ科の多年草で、山の木陰に生える。数個の太い根があり、茎は方形で高さ20~50センチメートル、基部が横に倒れていることが多い。葉は対生して葉柄があり、葉身は三角状矛(ほこ)形で長さ5~10センチメートル。葉の形が、琴の弦を支える琴柱(ことじ)に似ているのでコトジソウの名もある。秋、茎の先にまばらに、長さ3センチメートルくらいの紅紫色で二唇形の花をつける。分布は北陸から中国地方の東部までに限られる。黄色い花をつけるものをキバナアキギリS. nipponica Miq.といい、本州、四国、九州に分布。アキギリ属は500種以上あり広く世界中に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アキギリの関連キーワードストケシア秋桐榎草草合歓田村草はないばな緋桐雀榕似たり貝蟇目

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アキギリの関連情報