コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキギリ

百科事典マイペディアの解説

アキギリ

シソ科の多年草。本州(中部〜近畿地方)の山地の木陰にはえる。高さ30cm内外,葉は対生し,矢じり形で長い柄がある。秋,茎の上部に10〜20cmの花穂をつける。花冠は淡紫色,大型の唇形(しんけい)花で長さ2.5〜3cm,先は2唇形で広く開き下唇は3裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アキギリ【Salvia glabrescens Makino】

秋にキリに似た花をつけるところから秋桐と呼ばれ,葉の形が三角形で琴の糸をささえる琴柱(ことじ)に似ているところから,一名コトジソウともいう(イラスト)。山の木陰や道端に生えるシソ科の多年草で,秋に紅紫色の美しい花をつける。茎は四角形で,基部は地表に横たわり,先の方は直立して高さ20~50cmぐらいになる。根は細い普通の根と,紡錘形に太くなって栄養を蓄える太い根とがある。葉は葉柄があって対生し,葉身は中央部の左右と,中央の基部がくびれた三角形で,長さ5~10cm,形には変異が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキギリ
あきぎり / 秋桐
[学]Salvia glabrescens Makino

シソ科の多年草で、山の木陰に生える。数個の太い根があり、茎は方形で高さ20~50センチメートル、基部が横に倒れていることが多い。葉は対生して葉柄があり、葉身は三角状矛(ほこ)形で長さ5~10センチメートル。葉の形が、琴の弦を支える琴柱(ことじ)に似ているのでコトジソウの名もある。秋、茎の先にまばらに、長さ3センチメートルくらいの紅紫色で二唇形の花をつける。分布は北陸から中国地方の東部までに限られる。黄色い花をつけるものをキバナアキギリS. nipponica Miq.といい、本州、四国、九州に分布。アキギリ属は500種以上あり広く世界中に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アキギリの関連情報