コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノタムラソウ

3件 の用語解説(アキノタムラソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アキノタムラソウ

シソ科の多年草。本州〜沖縄,中国の山野にはえる。茎は高さ30〜80cm,葉は対生し単一または3出葉,ときには1〜2回羽状複葉になり,長い柄がある。夏から秋に,茎の上部や葉腋に花穂を出し,淡紫色の唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アキノタムラソウ【Salvia japonica Thunb.】

山野の道端や林縁に普通に見られるシソ科の多年草(イラスト)。茎は四角形で,短く横たわった地下茎から直立し,高さ20~80cm。葉は葉柄があって2枚ずつ対生し,普通,羽状複葉であるが,2回羽状になったり,また分裂しないものがあったり,個体によってさまざまな形をとる。7~11月ごろ,茎の先に細長い花穂を作って,淡紫色で長さ1cmあまりの唇形をした花を多数つける。北海道を除く日本全土と中国に分布する。ナツノタムラソウS.lutescens Koidz.var.intermedia (Makino) Murataは花が濃紫色で6~8月に開き,関東南部,東海,近畿地方に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキノタムラソウ
あきのたむらそう / 秋田村草
[学]Salvia japonica Thunb.

シソ科の多年草で、山野の道端に生える。茎は方形で高さ30~80センチメートル、上部で分枝する。葉は対生して葉柄があり単葉から3出2回羽状複葉まで変化が多い。7~10月、枝先に長い花穂をつくり、淡紫色の花を数個ずつ何段にもつけ下のほうから開く。萼(がく)は筒状で2唇に分かれ、内側に輪状に毛がある。花冠は10ミリメートルほどの筒があり、先は2唇に分かれる。雄しべは2本、花冠の上唇の先に突き出し、受粉後に下方に曲がる。花筒内面の基部近くに輪状に毛がある。本州、四国、九州、朝鮮、中国に分布。近縁種にナツノタムラソウとハルノタムラソウがある。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アキノタムラソウの関連キーワード犬香薷踊子草切り袴猩猩蜻蛉塔花菜虫林縁後架虻豆石組織アルミナ質ラテライト

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone