コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノタムラソウ

百科事典マイペディアの解説

アキノタムラソウ

シソ科の多年草。本州〜沖縄,中国の山野にはえる。は高さ30〜80cm,葉は対生し単一または3出葉,ときには1〜2回羽状複葉になり,長い柄がある。夏から秋に,茎の上部や葉腋花穂を出し,淡紫色唇形(しんけい)花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アキノタムラソウ【Salvia japonica Thunb.】

山野の道端や林縁に普通に見られるシソ科の多年草(イラスト)。茎は四角形で,短く横たわった地下茎から直立し,高さ20~80cm。葉は葉柄があって2枚ずつ対生し,普通,羽状複葉であるが,2回羽状になったり,また分裂しないものがあったり,個体によってさまざまな形をとる。7~11月ごろ,茎の先に細長い花穂を作って,淡紫色で長さ1cmあまりの唇形をした花を多数つける。北海道を除く日本全土と中国に分布する。ナツノタムラソウS.lutescens Koidz.var.intermedia (Makino) Murataは花が濃紫色で6~8月に開き,関東南部,東海,近畿地方に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキノタムラソウ
あきのたむらそう / 秋田村草
[学]Salvia japonica Thunb.

シソ科の多年草で、山野の道端に生える。茎は方形で高さ30~80センチメートル、上部で分枝する。葉は対生して葉柄があり単葉から3出2回羽状複葉まで変化が多い。7~10月、枝先に長い花穂をつくり、淡紫色の花を数個ずつ何段にもつけ下のほうから開く。萼(がく)は筒状で2唇に分かれ、内側に輪状に毛がある。花冠は10ミリメートルほどの筒があり、先は2唇に分かれる。雄しべは2本、花冠の上唇の先に突き出し、受粉後に下方に曲がる。花筒内面の基部近くに輪状に毛がある。本州、四国、九州、朝鮮、中国に分布。近縁種にナツノタムラソウとハルノタムラソウがある。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アキノタムラソウの関連キーワードハルノタムラソウ(春の田村草)ハルノタムラソウ知々及波久散知々乃波久佐夏の田村草セージ油美曽波岐セージ鼠尾草乳葉草村田駒止駒留

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android