コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキレスと亀 アキレストカメ

デジタル大辞泉の解説

アキレス‐と‐かめ【アキレスと亀】

ゼノンの逆説の一。俊足のアキレスが鈍足の亀を追いかけるとき、アキレスがはじめに亀のいたところに追いついたときには、亀はわずかに前進している。ふたたびアキレスが追いかけて亀がいたところに追いついたときには、さらに亀はわずかに前進している。これを繰り返すかぎり、アキレスは亀に追いつくことはできないという説。一見、アキレスが亀を追い越すはずという直感に反する結論となる。
[補説]数学的には、アキレスが亀に到達するまでにかかる時間の級数が、その極限において収束するため、一定時間内に追いつくことができ、矛盾は生じない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アキレスと亀の関連キーワードゼノン(エレアのゼノン)ヴェネツィア国際映画祭ヴェネチア国際映画祭ベネチア国際映画祭こばやしあきこガンビーノ小林ダイオウイカ夫〆さばアタル赤P円城寺あや児玉美智子友倉由美子鳩山クルオ梶浦由記浅川稚広河内浪江山中敦史丸岡奨詞不破万作田野良樹

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アキレスと亀の関連情報