コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクションペインティング action painting

翻訳|action painting

大辞林 第三版の解説

アクションペインティング【action painting】

描く行為自体を重視する絵画の手法の一。第二次大戦後のアメリカの抽象絵画運動の中で生まれ、絵の具やペイントなどを棒の先でしたたらせるなどの方法で知られた。ポロックが代表的。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクションペインティングの関連情報