コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクション・リサーチ アクション・リサーチaction research

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクション・リサーチ
action research

社会心理学者 K.レビンが提唱した,集団力学理論社会生活に応用し,具体的な事態の改善を試みることを意図する研究。集団活動の過程を,実際の展開場面において,しかも実験的に刺激を加え,それによって生じた変動の過程として観察,記録していく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクション・リサーチ
あくしょんりさーち
action research

集団力学の創始者レビンが提唱した研究法。第二次世界大戦中、少数民族集団や食習慣の改善などといった現実的な社会問題の研究に関与していたレビンは、現実の社会のなかに構成される小集団を対象として、その集団や成員の改善や向上の実践と、集団過程に関する基礎的な研究とが、研究者とその道の専門家や現場の関係者との協力によって、実践→研究→実践というように表裏一体をなして循環的に進められる必要性と有効性を強調し、これをアクション・リサーチとよんだ。実践的段階で生じた問題は、基礎的研究によってその機制や原理が解明され、基礎的研究による知識や技術は現実社会の場で実践的に試行され、さらにその結果の検討が基礎的研究に還流される。なお、これに現場の当事者の訓練過程も含めて、アクション・トレーニング・リサーチと称することもある。[辻 正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アクション・リサーチの関連キーワードレビン(Kurt Lewin)グループ・ダイナミックス応用社会学組織開発教育哲学教育学

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android