コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコーディオン[accordion] アコーディオン

1件 の用語解説(アコーディオン[accordion]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

アコーディオン[accordion]

1820年代にドイツで発明され、持ち運びに便利な歌や踊りの伴奏楽器として重宝された。右手で奏する主に旋律を受け持つ部分が鍵盤になっているピアノアコーディオンと、すべてボタンのボタン式アコーディオンとがある。どちらも左手で奏する部分は、ベースコードが鳴るボタンになっている。蛇腹の開閉で空気を送り込み、その加減で音量に微妙なニュアンスがつけられる。代表的なジャンルミュゼット音楽(パリなどのダンスホールの音楽)やタンゴ、ショーロなどのラテン音楽など。また、ジャズロッククラシック現代音楽にも使われ、

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アコーディオン[accordion]の関連キーワードクラリネットコッヘルドイツ体操西ドイツドイツ鯉御厠統一ドイツ荷持持運びユン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone