アコーディオン[accordion](読み)アコーディオン

音楽用語ダスの解説

アコーディオン[accordion]

1820年代にドイツで発明され、持ち運びに便利な歌や踊りの伴奏楽器として重宝された。右手で奏する主に旋律を受け持つ部分が鍵盤になっているピアノ式アコーディオンと、すべてボタンのボタン式アコーディオンとがある。どちらも左手で奏する部分は、ベースとコードが鳴るボタンになっている。蛇腹の開閉で空気を送り込み、その加減で音量に微妙なニュアンスがつけられる。代表的なジャンルはミュゼット音楽(パリなどのダンス・ホールの音楽)やタンゴ、ショーロなどのラテン音楽など。また、ジャズやロック、クラシック、現代音楽にも使われ、

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android