コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼフ Azef, Evno Fishelevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゼフ
Azef, Evno Fishelevich

[生]1869
[没]1918. ベルリン
ロシアの秘密警察のスパイ。 1892年より警察のスパイをつとめ,1901年社会革命党 (エス・エル) の創設に参加。 03年には同党の戦闘団の事実上のリーダーとなった。 04年の V.K.プレーベ暗殺,05年のセルゲイ大公の暗殺など一連のテロを指揮。この間,他方では 01年ハリコフにおける社会革命党の大会代議員や,05年には戦闘団のほとんどのメンバーを警察に売った。 08年正体をあばかれ,社会革命党の中央委員会は彼に死刑を下したが,姿を隠して逃れた。 15年第1次世界大戦中ドイツでスパイとして逮捕された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アゼフ

ロシアの革命家。1901年革命政党エス・エル党の創立に加わり,党中央委員。党の戦闘団のリーダーとしても内相暗殺(1904年),皇帝暗殺計画(1908年)に関わる。しかし,ロシア保安部に情報を提供していた裏切り行為を暴かれ国外逃亡,政治活動から身を引く。ベルリンで死去。
→関連項目フィグネル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アゼフ【Evno Fishelevich Azev】

1869‐1918
ロシア革命運動史上最大の挑発者。グロドノ県のユダヤ人小商人の子。ロストフ中学卒業後,革命的サークルに関係したが,逮捕をのがれ国外へ出て,1892年カールスルーエの工業学校に入学した。6年間在学するうちにロシア保安部に協力を申し出て,留学生についての情報提供者となった。卒業後帰国し電気技師として働きつつ,エス・エル同盟に入り,1901年その代表セリュークに付き添い国外でエス・エル党結党の交渉をまとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゼフ
あぜふ
Евно Фишелевич Азеф Evno Fishelevich Azef
(1869/1870―1918)

ロシアの社会革命党(SR(エスエル))の指導者で、同時に警察のスパイ。1901年社会革命党に入党し、1903年にそのテロ組織の事実上のリーダーとなる。1904年には内相プレーベ、1905年にはセルゲイ大公の暗殺に成功したが、他方で仲間の同志を警察に密告した。1908年ブルツェフによって真相を暴かれ、党中央委員会によって死刑を宣告されたが、ドイツへ逃れた。[外川継男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アゼフの関連キーワードティジウズー県七死刑囚物語チャヤノフサビンコフ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android