コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アチャン族(阿昌族) アチャンぞくĀ chāng zú

世界大百科事典 第2版の解説

アチャンぞく【アチャン族(阿昌族) Ā chāng zú】

中国のミャンマー国境に近い山地に居住する少数民族。人口約2万7800(1990)。雲南省徳宏タイ族チンポー(景頗)族自治州の隴川(ろうせん),梁河県などに分布する。言語はシナ・チベット語系チベット・ビルマ語族に属し,梁河と盧撒の両方言がある。長い間,漢族やタイ族と接して居住してきたため,アチャン族は一般に漢語,タイ語に通暁し,漢文も使用する。とくに平地のタイ族との日常生活での交流はいちじるしい。早くから雲南北西の金沙江,瀾滄江,怒江流域に居住し,漸次南下移動を行い,13世紀には現在の隴川,梁河地方の山間部や山岳地帯に定住していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android