コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アチャン族(阿昌族) アチャンぞく Ā chāng zú

1件 の用語解説(アチャン族(阿昌族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アチャンぞく【アチャン族(阿昌族) Ā chāng zú】

中国のミャンマー国境に近い山地に居住する少数民族。人口約2万7800(1990)。雲南省徳宏タイ族チンポー(景頗)族自治州の隴川(ろうせん),梁河県などに分布する。言語はシナ・チベット語チベットビルマ語族に属し,梁河と盧撒の両方言がある。長い間,漢族やタイ族と接して居住してきたため,アチャン族は一般に漢語,タイ語に通暁し,漢文も使用する。とくに平地のタイ族との日常生活での交流はいちじるしい。早くから雲南北西の金沙江,瀾滄江,怒江流域に居住し,漸次南下移動を行い,13世紀には現在の隴川,梁河地方の山間部や山岳地帯に定住していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アチャン族(阿昌族)の関連キーワードミャンマークワイ川シャンミャオ族ヤオロヒンギャ旧国民党軍ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone