アッシリア学(読み)あっしりあがく(英語表記)Assyriology

翻訳|Assyriology

日本大百科全書(ニッポニカ)「アッシリア学」の解説

アッシリア学
あっしりあがく
Assyriology

楔形(くさびがた)文字、およびこれを使用した民族の文化と歴史を研究する学問。オリエント地方で発見された40万個近い楔形文字粘土板その他の解読とその文献学的研究を中心課題とし、考古学的研究も行う。楔形文字を使用した民族にはシュメール人、アッカド人(バビロニア人)、アッシリア人、エラム人、フルリ人、ヒッタイト人、ウラルトゥ人、ウガリト人などがある。それらの政治、社会、経済、宗教、美術、文学などと歴史を研究領域としている。1857年にイギリスの王室アジア協会が4人の学者にアッシリア語碑文を別個に翻訳させ、その結果が一致したのを確認し、アッシリア学が公式に誕生した。広範な学問領域がアッシリア学の名でよばれるのは、初期の発掘で知られたのがアッシリアの遺跡とアッシリア語であったことに由来している。

[吉川 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「アッシリア学」の解説

アッシリア‐がく【アッシリア学】

〘名〙 主としてアッカド語で記された楔形(くさびがた)文書を資料にして、古代西アジア諸民族の言語、歴史、文化などを研究する学問。オリエント古代史研究の主要な一部門で、研究のはじめ、アッシリア地方を中心にしたところからいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「アッシリア学」の解説

アッシリア学【アッシリアがく】

楔形(くさびがた)文字資料による古代オリエント研究の総称。アッシリアの発掘と出土碑文の解読が出発点となったのでこの名がある。19世紀半ば,ローリンソンの古代ペルシア語およびアッシリア語碑文の解読により成立。のちにシュメール学,ヒッタイト学などが発達。考古学のボッタレヤードコルデワイ,アンドレー,言語学のヒンクス,オッペール,タルボットらの業績が卓越している。
→関連項目アッシュールバニパルニネベ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アッシリア学」の解説

アッシリア学
アッシリアがく
Assyriology

古代メソポタミアにおけるアッカドの言語,歴史,制度を総合的に研究する学問。 1857年にアッカド語の一方言であるアッシリア文書の解読がイギリスの王立アジア協会企画で行われ,H.タルボット,H.ローリンソン,E.ヒンクス,J.オッペールらがほぼ同時に正確な解読をなしとげたことにより,公式に学問の新分野としての「アッシリア学」が成立するにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「アッシリア学」の解説

アッシリア学
アッシリアがく
Assyriology

アッシリアやバビロニアなど,楔形 (くさびがた) 文字を用いたメソポタミア地方のセム語族系民族の言語・宗教・文化・歴史を研究する学問
19世紀半ばごろのグローテフェントやローリンソンによる楔形文字の解読が,アッシリア学の出発点となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「アッシリア学」の解説

アッシリアがく【アッシリア学 Assyriology】

1857年に公式に成立した新しい学問領域。広義には古代オリエントにおいて発見される膨大な楔形文字資料の解読とその文献学的研究を中心課題とし,考古学的研究と並行して楔形文字を使用した民族の政治・社会・経済・法律・宗教・芸術・文学などの文化全般と歴史を研究する学問を意味する。しかし最近では研究が飛躍的に進歩したため多くの専門領域に分化した。例えばシュメールを対象とするシュメール学Sumerology,アッカド,アッシリアを対象とする狭義のアッシリア学,エラム学Elamitology,フルリ学Hurritology,ヒッタイト学Hittitology,ウラルトゥ学Urartology,ウガリト学Ugaritologyなどは独立した名称で呼ばれるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアッシリア学の言及

【考古学】より

…ナポレオンのエジプト遠征に随行した学者の調査(1798‐1802)がエジプト研究の端緒となった。このときに発見されたロゼッタ・ストーンを手がかりに,1822年シャンポリオンが象形文字の解読に成功,一方,アッシリアの楔形文字もローリンソンらが解読に成功,19世紀の中ごろにはエジプト,メソポタミアの両方で大規模な調査が行われるようになり,言語学,歴史学,考古学が密接に結びついたエジプト学アッシリア学の基礎が置かれた。考古学のもう一つの萌芽はヨーロッパ先史時代の研究である。…

※「アッシリア学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android