コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アディソン Addison, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アディソン
Addison, Joseph

[生]1672.5.1. ウィルトシャー,ミルストン
[没]1719.6.17. ロンドン
イギリスの随筆家,評論家。オックスフォード大学卒業後,政府の要職につき 1708年国会議員。旧友スティールとともに評論・随筆新聞『タトラー』 The Tatler (1709~11) および『スペクテーター』 The Spectator (11~12) を創刊,主として中産階級を相手に道徳,宗教,芸術の話題を平易に説き,多くの読者を得た。悲劇『カトー』 Cato (13) は当時の政党間の対立もからみ大成功を収めた。 14年ホイッグ党内閣の復活とともにアイルランド総督秘書官,17年には大臣となった。平明達意な散文のスタイルを創始して,18世紀市民文学の基礎を確立した功績は大きい。

アディソン

アジソン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アディソン

英国の随筆家,政治家。スティールの創刊した《タトラー》の寄稿家となり,次いで二人で《スペクテーター》紙(1711年―1712年)を発行。軽妙なエッセーを載せたことで有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アディソン【Joseph Addison】

1672‐1719
イギリスのエッセイスト,詩人,劇作家,政治家。著名な聖職者の息子として生まれ,後にオックスフォード大学で学ぶ。ホイッグ党の初代ハリファクス伯爵の知遇を得,その尽力でイタリアへ行く。その結果が詩《ハリファクス卿へのイタリア書簡》(1704)と散文《イタリア管見Remarks on Italy》(1705)である。後者は18世紀を通してイギリス人の大陸旅行の必携書とされた。主としてイタリアを古典の知識を踏まえて案内しながら,一方ではイギリス的な自由を大陸の圧政と対比させてもいる。

アディソン【Thomas Addison】

1793‐1860
イギリスの医師。副腎皮質の障害によっておこる症候群を初めて記載(1855)したことで,その病名に名をとどめている。ニューカスル・アポン・タイン近くの小売商の家に生まれ,エジンバラ大学で医学を修め,ロンドンに移り,ロック病院,ガイ病院で働く。1827年にはガイ病院医学校で毒物学の教師,37年より臨床医学を講義した。診断の鋭さと正確な記載で知られている。アディソン病【中川 米造】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アディソン【Addison】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアディソンの言及

【スペクテーター】より

…イギリス18世紀初期の日刊のエッセー・ペーパー。アディソンJoseph AddisonとスティールRichard Steeleが1711年3月1日に創刊した。スティールは,1709年4月12日からアディソン,スウィフトJonathan Swiftら文人の協力をえて《タトラーTatler》(週3回刊)と題する,ビカスタッフIssac Bickerstaffという架空の語り手によるエッセー主体の新聞を出し,大きな成功を収めていた。…

※「アディソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アディソンの関連キーワードアディソン・ウェスリー・ロングマンウィリアム・ジョン コートープアート ファーマー副腎皮質ホルモン剤イギリス文学アンドーバーエゴティスム萩原 恭平モラリストコートープロングマンバッジェル風景式庭園6月19日5月1日内田魯庵萩原恭平ウイットサマーズ低血圧

アディソンの関連情報