アデノイド(英語表記)adenoids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデノイド
adenoids

咽頭扁桃肥大症のこと。咽頭扁桃自体もアデノイドというが,一般にこの咽頭扁桃が増殖し肥大した状態をいう。口蓋扁桃肥大と合併することが多い。5~10歳ぐらいに最も多くみられる。鼻咽腔が狭くなって鼻呼吸ができなくなり,鼻づまりのために,口をぽかんと開けてぼんやりした表情 (アデノイド顔貌) を呈することがある。鼻炎,副鼻腔炎,中耳炎などを併発しやすい。薬物療法で効果のないときは,咽頭扁桃切除術を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アデノイド

咽頭(いんとう)扁桃の肥大症。小児,ことに小学児童に多い。主症候は後鼻腔(こうびくう)がふさがれるための鼻閉塞(へいそく)で,そのため習慣性口呼吸,いびき,睡眠障害をきたし,しまりのないぼけっとした表情のアデノイド顔貌(がんぼう)を呈することもある。また耳管が冒されると慢性中耳炎難聴を招く。その他,歯列不正,注意力散漫,記憶力減退などを呈することもある。咽頭扁桃は3歳ごろから肥大しはじめ,6〜7歳を過ぎると自然に萎縮するのがふつうだが,この年齢を過ぎても肥大していて症状がひどい場合は切除術を行う。
→関連項目アデノウイルス睡眠時無呼吸症候群蓄膿症鼻炎扁桃肥大

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アデノイド【adenoid】

ギリシア語のadēn‐(腺),‐eidos(のような)に由来する語で,一般に鼻とのどの移行部に当たる上咽頭あるいは鼻咽腔にあるリンパ組織咽頭扁桃を指していうが,咽頭扁桃がたび重なる炎症あるいは体質的素因により,はれて大きくなる腺様増殖adenoids(またはadenoid vegetation)を指していうこともある(図)。アデノイドは,扁桃としては口蓋扁桃に次いで大きく,生後増殖を続け,4~5歳で最も大きく,その後徐々に小さくなり,思春期で痕跡状態となってしまう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アデノイド【adenoid】

扁桃の増殖性肥大症。子供に多い。鼻づまりを起こし、口を半開きにするほか、睡眠障害・注意力散漫・記憶力減退・難聴などを起こす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデノイド
あでのいど
adenoid

咽頭扁桃(いんとうへんとう)の同意語。語源はギリシア語で「腺(せん)様の」という意で、咽頭扁桃の外観が腺様であることに由来する。咽頭扁桃が病的に肥大した状態をアデノイド増殖症、咽頭扁桃肥大症、あるいは腺様増殖症というが、いずれも同じものであり、このような状態をアデノイドと略称することも多い。咽頭の周囲には、リンパ組織の集団である扁桃やリンパ瀘胞(ろほう)が数多くあるが、咽頭扁桃もその一つで、咽頭の上方、鼻の後方に存在する。
 アデノイドは3~4歳ごろから肥大し、6~7歳ごろには最大となるが、その後はしだいに小さくなり、思春期以後ではほとんど痕跡(こんせき)程度になる。口蓋(こうがい)扁桃肥大とともにみられることが多い。病的に肥大すると、鼻が詰まって口で呼吸するようになり、いびきをかいたり睡眠不足になるほか、発育も悪くなり、注意力が散漫になることが多く、歯列も不正となるなど、一見特異な顔つきにみえることもある。このような顔つきをアデノイド顔貌(がんぼう)という。咽頭扁桃の近くには、中耳(ちゅうじ)と咽頭を連結する耳管が開口しており、アデノイドが耳管を圧迫すると耳管狭窄(きょうさく)を併発し、耳の聞こえが悪くなることも多い。またアデノイドは細菌感染をおこしやすく、その細菌が耳管から中耳に侵入して中耳炎をおこすことも多い。その他の合併症としては、慢性鼻炎、副鼻腔(ふくびくう)炎、歯ぎしり、夜尿症、鳩胸(はとむね)などがある。
 治療は手術的に切除するアデノイド切除術がもっともよい。病原菌のために急性炎症をおこしているときには抗生物質が効果を示すが、その他の場合には薬物治療の効果はまったくない。肥大が軽度であれば、医師の監視下で合併症などに注意しながら経過をみていると、年齢とともにしだいに縮小し、手術を行わなくても治癒することもある。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アデノイド

〘名〙 (adenoid growths adenoide vegetation =腺様増殖症の略称) 鼻の奥にある咽頭扁桃の肥大した状態をいう。鼻づまり、言語不明瞭、難聴などの症状を示す。小児、特に学童に多く、成人にはまれ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアデノイドの言及

【咽頭】より


[上咽頭]
 鼻腔に続く口蓋のレベルより上の部分を鼻咽腔あるいは上咽頭といい,中耳腔に通じる耳管の開口部がある。子どもの場合,ここにアデノイドがあり,アデノイドが増殖すると耳管を圧迫して狭窄をおこし,難聴の原因となる。また風邪などで鼻炎扁桃炎に引き続き上咽頭炎をおこすと,炎症が耳管,中耳に波及して中耳炎をおこす。…

※「アデノイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アデノイドの関連情報