コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノウイルス感染症 あでのういるすかんせんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデノウイルス感染症
あでのういるすかんせんしょう

呼吸器、目、消化器などにみられるアデノウイルスの感染によっておこる疾患の総称。アデノウイルスは49の型(分類の方法によっては51)が知られているが、その約3分の2に病原性が認められ、同一の疾患をいくつかの異なった型のアデノウイルスがおこすこともあれば、一つの型のアデノウイルスがいくつかの異なった疾患をおこすこともある。代表的なものは8型などによる流行性角結膜炎、3型や7型などによる咽頭(いんとう)結膜熱などであるが、そのほか咽頭炎、急性呼吸器疾患、肺炎、消化器疾患、膀胱(ぼうこう)炎、突発性発疹(はっしん)様疾患、髄膜炎、脳炎などもアデノウイルスによっておこることがある。診断は咽頭結膜炎や流行性角結膜炎では特徴的な症状や流行状況から臨床的に診断も可能であるが、その他のアデノウイルス感染症は臨床的に病原を推測することは困難で、確実な診断は患部からのウイルスの分離・同定と血清学的な検査(急性期および回復期の血清について補体結合反応や中和試験など)によって確定する。このウイルスはおもに目、呼吸器、消化器などで増殖し、咽頭結膜熱では水泳プールの水が媒介となって流行をおこしたり、流行性角結膜炎では眼科的な診察や処置による感染が注目されるが、咳(せき)やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染や、また糞便(ふんべん)中にも多くのアデノウイルスが検出されるので経口感染も注意を要する。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアデノウイルス感染症の言及

【アデノウイルス】より

…ヒトアデノウイルスは血清学的には31型に分けられ,それぞれに少しずつ病原性が異なる。アデノウイルス感染症は主として急性呼吸器疾患で,プール熱や新兵熱といった上気道感染症をひきおこす。このほか,流行性角結膜炎,骨髄炎,胃腸炎,発疹症などの原因ともなる。…

※「アデノウイルス感染症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アデノウイルス感染症の関連キーワードかぜ症候群咽頭結膜熱角結膜炎水質基準

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アデノウイルス感染症の関連情報