コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドゥール[川] Adour

世界大百科事典 第2版の解説

アドゥール[川]【Adour】

フランス南西部の川。全長336km。ピレネー山脈中部に源を発し,北流したのち大きく弧状に西流してバイヨンヌ近くでビスケー湾に注ぐ。中流部まで航行可能。ピレネー北麓にはオート・ピレネー県の中心都市タルブがあり,さらに上流の温泉地バニエール・ド・ビゴールは古くから有名。ガロンヌ川との分水界をなすアルマニャック丘陵はコニャックと並ぶブランデー(アルマニャック)の主産地。支流のオロロン川(ガーブ・ドロロン)との間はベアルン地方と呼ばれ,最大の支流ポー川(ガーブ・ド・ポー)に深く刻まれた丘陵地が広がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アドゥール[川]の関連キーワードフラミニア街道