コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイヨンヌ バイヨンヌ Bayonne

4件 の用語解説(バイヨンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイヨンヌ
バイヨンヌ
Bayonne

フランス南西部,スペイン国境に近いピレネーザトランティク県の都市。ニーブ川とアドゥール川の合流点に位置する。ガロ・ローマ時代から港町として栄えたが,19世紀には石炭や鉄鉱石の輸入港として発展し,現在は付近のラックで産する天然ガスによる工業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バイヨンヌ(Bayonne)

フランス南西部、ピレネーザトランチック県の都市。大西洋ビスケー湾に注ぐアドゥール川の河口から上流へ約7キロメートル、ニーブ川との合流地点に位置する。スペイン国境にも近く、バスク地方の主要都市の一。ハムの名産地として有名。海岸保養地ビアリッツに近い。13世紀から14世紀にかけて建造されたゴシック様式のサントマリー大聖堂が、1998年、サンティアゴ‐デ‐コンポステラの巡礼路として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バイヨンヌ【Bayonne】

フランス南西部,ピレネーザトランティク県の都市。スペイン国境より35km,アドゥール川の河口より5km余り上流にあり,ランドバスク両地方の境界に位置する。人口4万2000(1990)。古代から交通・軍事上の要衝であり,また中世にはイギリスの支配下で,18世紀には港として繁栄した。今日では,港としてのほか,この地方の行政・商業・金融の中心として重要であり,工業(航空機製造,化学など)の発展も見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイヨンヌ
ばいよんぬ
Bayonne

フランス南西部、ピレネーザトランティク県の都市。ビスケー湾のアドゥール川河口から上流約7キロメートル、ニーブ川が合流する地点に位置する。人口4万0078(1999)。スペイン国境まで32キロメートルと近く、バスク地方の中心都市。道路、鉄道の交点で、河港もある交通の要地。ビスケー湾に臨む海浜保養地ビアリッツに近く、同市を含む周辺諸都市とともに人口17万8965(1999)の都市圏を形成する。ワインブランデー、ハムの産地として知られるが、金属、化学、航空機、皮革、木材などの工業も発達する。港から硫黄(いおう)、トウモロコシなどを輸出し、リン酸塩、鉄などを輸入する。古代ローマの主要港で、町の中心部は市壁に囲まれ、17世紀の軍事技術者ボーバン設計の城壁、13~16世紀のサント・マリー大聖堂(司教座)、新旧二つの城などがある。1199~1451年の間はイギリス領であった。バスク博物館がある。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバイヨンヌの言及

【バスク】より

…また,身体的にも特徴があり,平均身長は160~170cm,顔は三角ばっており,肩幅は広く,腰部は狭い。牛や羊の飼養(羊の移牧はかなり減少),トウモロコシの栽培(孤立した住居の周囲で行われる伝統的家族経営),漁業(クジラ,イワシ)などに従事している人々も少なくないが,今日では,観光(バイヨンヌなど)や鉱工業(ビルバオなど)に従事している都市住民が圧倒的に多くなっている。16世紀以降に創作された伝承文学,中世の神秘を想起させる田園詩,滑歩(パ・グリセ),デカジェ,ロン・ド・ジャンブなどの組合せで,大地や宇宙との接触をリズム感で表現した民族舞踊,中世のポーム球戯から生まれた,テニスのように壁に向かって敵味方が打ち合うペロタ球戯(ハイアライ)など,文化面でも豊かであり,ベレー帽はバスク固有の風俗としてあまりにも有名である。…

※「バイヨンヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バイヨンヌの関連キーワードサンジャンドリュズピレネー条約ピレネーオロロンサントマリーゲランドサンジャンピエドポールミディピレネーフレンチ・ピレニアン・ポインターブラク・フランセ・ピレネーピク・デュ・ミディ[山]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイヨンヌの関連情報