アビ(阿比)(読み)アビ(英語表記)diver[イギリス]

世界大百科事典 第2版の解説

アビ【アビ(阿比) diver[イギリス]】

アビ目アビ科Gaviidaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。アビ科の鳥は沿岸内湾河口などにすみ,潜水しておもに魚類を食べる。全長は約60~90cm。潜水生活に適応して,体は細長く,くびは太く,翼は体に比べて短く先が細い。尾は短い。脚は体のもっとも後方につき,あしゆびには水かきがある。くちばしはまっすぐでとがっている。魚類のほかに水生昆虫カエル,また海では甲殻類軟体動物など海産無脊椎動物を餌にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアビ(阿比)の言及

【オオハム(大波武)】より

…アビ目アビ科の鳥。全長72cm。…

※「アビ(阿比)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android