コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオハム Gavia arctica; black-throated loon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオハム
Gavia arctica; black-throated loon

アビ目アビ科全長 58~77cm。体形はアビに似て,がまっすぐで鋭く,脚が長い胴の後方についている。水中で推進力を得やすいが,歩くのは苦手である。夏羽(→羽衣)では頭上から後頸部が灰色,喉が緑の光沢のある黒で,胸と側頸が白黒の縦縞模様になる。背,肩には黒地に四角形の白い斑を連ねたような横縞模様がある。嘴は黒い。冬羽は頭上から背面暗褐色で,前頸部から胸腹部が白い。繁殖地は広くユーラシア大陸のおよそ北緯 50°以北の高緯度地域からアラスカ半島西部に及ぶ。繁殖期以外は南の地中海黒海カスピ海のほか,カムチャツカ半島から日本や中国南部までの沿岸海域か広い湖に渡る(→渡り鳥)。日本では冬季沿岸に少数が渡来する。主食は魚で,貝や昆虫,カエルなども食べる。近縁種シロエリオオハム G. pacifica は,オオハムに羽色がよく似ているが,嘴が短くて細く,全長約 65cm。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オオハム

アビ科の鳥。翼長31cm。アビに似るが大きい。夏羽は背面中央は黒色両側に幅広い黒白の横帯がある。のども黒い。冬羽は背面は暗褐色,のどは白くなる。ユーラシア〜北米の中部以北で繁殖。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオハム
おおはむ / 大波武
diverloon

広義には鳥綱アビ目アビ科に属するオオハム類の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この類は北半球北部に4種があり、潜水の巧みな魚貝食の水鳥で、陸上歩行はできない。ヨーロッパ、シベリアの北極圏沿岸にある淡水湖岸の草中に営巣する。冬季は温帯に南下し、日本沿岸にも海鳥として渡来するが、太平洋岸ではアラスカ方面からのシロエリオオハムGavia pacificaが多い。種としてのオオハムG. arcticaは全長約72センチメートルで、後頸(こうけい)が灰色、前頸の黒色は緑光沢がある。シロエリオオハムは全長約65センチメートルと小形で、後頸が灰白色、前頸には紫光沢がある。瀬戸内海の鳥持網代(とりもちあじろ)漁法ではこのシロエリオオハムが主体である。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオハムの関連キーワードオオハム(大波武)Pacifica黒田長久アビ類大波武阿比

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android