コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビニョン捕囚 アビニョンホシュウ

百科事典マイペディアの解説

アビニョン捕囚【アビニョンほしゅう】

1309年教皇クレメンス5世が南フランスのアビニョンに教皇庁を移してから,1377年グレゴリウス11世がローマに帰るまで7代の間,教皇権がフランス王権に屈したことをユダヤ人のバビロン捕囚にたとえていう。
→関連項目アビニョンカール[4世]バチカンバビロン捕囚フィリップ[4世]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アビニョンほしゅう【アビニョン捕囚】

ローマ教皇庁が1309年から77年まで,南フランスのアビニョンにおかれた事件。ボニファティウス8世の後に教皇となったベネディクトゥス11世はアナーニ事件の事後処理に努めたが,在任9ヵ月で急死した。その後任教皇の選挙は枢機卿たちの対立で1年を空費した。ボルドー大司教から教皇に選ばれたクレメンス5世はローマを嫌い,1309年ローヌ川に臨むプロバンスの町アビニョンに教皇庁を置いたが,これは以後77年まで7代約70年間続いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アビニョンほしゅう【アビニョン捕囚】

1309~77年、フランスの強圧に屈し、教皇庁がアビニョンに移され、教皇権がフランス王権の支配下に置かれたこと。教皇のバビロンの捕囚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアビニョン捕囚の言及

【アビニョン】より

…系譜上はガリア人の集落に由来するが,アビニョンが歴史上の重要な地位をえるのは,14世紀初頭になってからのことである。教皇のアビニョン捕囚によって,1309年教皇庁がこの都市に移転され,教会大分裂の時代を含めて,100年以上にわたって所在した。当初,この土地はプロバンス伯の支配下にあったが,近在のコムタ・ブナサンとともに1348年教皇庁が買収した。…

【クレメンス[5世]】より

…09年教皇庁をローマからアビニョンに移し,フランス王権の強い制肘を受けた。ここに以後7代約70年にわたる〈教皇のバビロン捕囚(アビニョン捕囚)〉が始まる。アナーニ事件についてはフランス側に全面的に譲歩し,また12年フランスの圧力でテンプル騎士団を解散し,総長ジャック・ド・モレ以下多数の修道士が火刑にされるのを阻止できなかった。…

※「アビニョン捕囚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アビニョン捕囚の関連キーワードクレメンス[5世]法王庁宮殿フィリップカール捕囚強圧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android