アフタヌーンドレス

百科事典マイペディア「アフタヌーンドレス」の解説

アフタヌーンドレス

昼間,おもに午後の女性用礼服外出着。午餐(ごさん),お茶の会,観劇等の社交の場合に着用される。形はワンピースが主体で,通常ぐりの深いものや光るアクセサリーは避ける。かつては時間,場所,目的によって服装にこのようなきまりがあったが,現代ではそれらの境界がはっきりしなくなっている。
→関連項目礼服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アフタヌーンドレス」の解説

アフタヌーンドレス
afternoon dress

婦人服の一種で午後の服の意。ややドレッシーな服で,主として午餐会マチネー (昼の興行) など,午後開かれる催し物に帽子とともに着用される正装とされてきたが,今日では生活の多様化によって厳密な区別はなくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「アフタヌーンドレス」の解説

アフタヌーン‐ドレス

〘名〙 (afternoon dress) =アフタヌーン
※ア・マリア(1923)〈谷崎潤一郎〉二「身ぎれいなアフタヌン・ドレスに着換へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アフタヌーンドレス」の解説

アフタヌーンドレス【afternoon dress】

アメリカで用いられた名称で,正午から夕方までに着用される女性の外出着。光沢の強い布や肌が透けてみえる布,光るアクセサリー,床までの着丈や深くえぐられた襟は避ける。西欧では近代に入ってから女性の生活領域の拡大や,織物の種類の増加などから,時間,場所,目的などによる衣服のきまりが生じてきた。しかし今日ではそれらの規制は薄れ,街着,カクテルドレスイブニングドレスなどとの区別は厳密ではなくなってきている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android