アベベ(読み)あべべ(英語表記)Abebe Bikila

日本大百科全書(ニッポニカ)「アベベ」の解説

アベベ
あべべ
Abebe Bikila
(1932―1973)

エチオピアマラソン選手。軍人。1960年のローマオリンピックはだしで走って優勝し「はだしの王者」といわれた。1964年の東京オリンピックでも2時間12分11秒2と当時の世界最高記録で優勝、オリンピック史上初のマラソン2連勝を成し遂げた。1968年のメキシコ・オリンピックにも出場したが、足の故障で3連覇はならなかった。1969年3月自動車事故にあい、車椅子(いす)での生活を余儀なくされたが、パラリンピック(身体障害者国際スポーツ大会)に出場、話題を提供した。死後、皇帝ハイレ・セラシエ1世はその栄誉をたたえ、首都アディス・アベバに5万平方メートルの敷地をもつアベベ記念スタジアムを建設した。

[石井恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アベベ」の解説

アベベ

エチオピアのマラソン選手,元王室親衛隊将校。1960年ローマオリンピックで優勝(2時間15分17秒),〈はだしの王様〉〈走る哲人〉といわれ,1964年東京オリンピックでも優勝(2時間12分11秒2)。ともに当時の世界最高記録で,オリンピック史上初めてマラソン2連覇を成し遂げた。1968年のメキシコシティーオリンピックでマラソン3連覇をめざしたが,かかとの故障で棄権。1969年3月,自動車事故にあい半身不随となり,車椅子生活に入った。しかし,1970年,ロンドンで開催された国際身体障害者スポーツ大会(パラリンピック)にも出場し,健在ぶりを発揮した。1973年10月,脳出血で死去。
→関連項目円谷幸吉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アベベ」の解説

アベベ
Abebe Bikila

[生]1932.8.7. モウ
[]1973.10.25. アジスアベバ
エチオピア陸上競技選手。1960年ローマ・オリンピック競技大会,1964年東京オリンピック競技大会に出場,マラソンで史上初の 2回連続優勝を遂げ,東京大会の 2時間12分11秒2は当時驚異の記録とされた。ローマ大会では,はだしで走破し「はだしの王者」と呼ばれた。その後交通事故で下半身が不自由になったが,アーチェリーなどで活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「アベベ」の解説

アベベ

(Abebe Bikila ━ビキラ) エチオピアのマラソン選手。皇帝親衛隊将校。一九六〇年ローマ‐オリンピックに、はだしで走って優勝、六四年東京オリンピックでも優勝し、史上初のマラソン二連勝をなしとげた。(一九三二‐七三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アベベ」の解説

アベベ(Abebe Bikila)

[1932~1973]エチオピアの軍人・長距離走者。1960年のローマ、1964年の東京での両オリンピックで、マラソン史上初めて連続優勝した。はだしのマラソンランナーとして有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アベベ」の解説

アベベ【Abebe Bikila】

1932‐73
エチオピアのマラソン選手。エチオピア皇帝の護衛兵を務め,1960年ローマ・オリンピックのマラソンに出場,2時間15分17秒の世界最高記録で優勝,終始はだしで走ったので,〈はだしの王様〉といわれた。64年東京オリンピックに出場,さらに世界最高記録を縮め,2時間12分11秒2でテープを切り,オリンピック史上初めてマラソン2連覇の偉業を成し遂げ,皇帝護衛官に昇進した。68年メキシコ・オリンピックでもマラソンに挑んだが,途中かかとを痛めて棄権。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアベベの言及

【東京オリンピック大会】より

…参加国数はそれまでの最大の94ヵ国,参加選手数5586人,実施競技は柔道とバレーボールが新たに加わり20競技,総種目数163であった。競技では〈褐色の弾丸〉R.L.ヘーズの陸上男子100m優勝,〈はだしの王様〉アベベのマラソン史上初の2連勝,〈泳ぐ芸術品〉D.ショランダーの競泳4種目制覇,〈体操の名花〉V.チャスラフスカの演技などが話題を呼んだ。日本選手も〈東洋の魔女〉女子バレーボールの優勝,体操男子団体総合の2連勝,マラソンの円谷幸吉の活躍など熱戦を展開,日本の若い競技者を刺激し,一般の人々にもスポーツ熱が高まる契機になった。…

※「アベベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android