コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリッツァル Amritsar

大辞林 第三版の解説

アムリッツァル【Amritsar】

インド北部の都市。羊毛・綿花の集散・加工が盛ん。ショール・絨緞じゆうたんの生産で名高い。シーク教の聖地で、その総本山のゴールデン-テンプル(黄金寺院)がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アムリッツァル【Amritsar】

インド北西部,パンジャーブ州の宗教都市。人口70万9000(1991)。ラホールと共にパンジャーブの中心都市として栄えてきたが,印パ分離独立により国境に位置することになった。インドの穀倉たるパンジャーブ平原に産する小麦,米,綿花,サトウキビ,羊毛,皮革などの農畜産物の集散と加工機能を集積する。とりわけ羊毛工業はインド第1を誇る。市の中央にはシク教の総本山があり,これは1577年に第4代教主ラームダースが建立したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムリッツァル
Amritsar

インド北西部,パンジャブ州北西部にある州最大の都市。アムリッツァル県の行政庁所在地。パキスタンとの国境から約 48km,デリーとパキスタンのラホールを結ぶラホール街道上に位置する政治上の要地。 1577年にシク教の信仰の中心として建設され,同時に市の水源であるアムリタサラス湖が造られた。 1919年,ローラット法に対する抗議集会に集った大衆にイギリス軍が発砲し,約 400人の死者を出したアムリッツァル虐殺事件の地は,現在,ジャリアンワーラ公園になっている。ヒマラヤ山麓からの農・畜産物の集散や,カーペット,絹製品,刺繍,金銀細工などの手工業を主とし,機械,電機工業も立地。周辺一帯にはシク教徒が多く,シク教総本山のゴールデンテンプルや,パンジャブ大学に属するシク教のカール大学がある。 84年にはパンジャブ州の独立を求めるシク教徒過激派がゴールデンテンプルを占拠し,政府は軍隊を投入してこれを排除したため,シク教徒とヒンドゥー教徒との間に流血の抗争が続いたが,1990年代初めには鎮静化した。人口 70万 9456 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アムリッツァル
あむりっつぁる
Amritsar

インド北西部、パンジャーブ州にあるアムリッツァル県の県都。人口97万5695(2001)。インド西部国境最大の都市で、パキスタンへ通じる幹線国道の要衝に位置する軍事上の拠点都市である。1577年シク教の第4代教祖ラーム・ダスが、アムリッツァル(不滅の池)という池の中に寺院を建てシク教の聖都とした。20世紀に入って反英独立運動の拠点の一つとなり、1919年のイギリス軍によるジャリアンワーラーバーグでの武力弾圧は、アムリッツァル事件として有名である。19世紀から毛織物工業が発達し、北西インド繊維工業の中心地としても知られる。[中山修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アムリッツァルの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)アムリッツァルの虐殺ランジート・シングキラーファト運動パティアーラーグルダースプルルディアーナアムリツァル国民会議派アンバーラバティンダショール中山修一黄金寺院テンプルカスールバターラシーク教マントー