コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ山脈 アラスカさんみゃく Alaska Range

翻訳|Alaska Range

2件 の用語解説(アラスカ山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラスカ山脈
アラスカさんみゃく
Alaska Range

北アメリカ大陸の北西部に突出した合衆国領アラスカ州の南半を占める弧状山脈。3つの山系に分れているが,どの山系にも氷河が残っている。多くの活火山があり,北アメリカ最高のマッキンレー山 (6194m) を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラスカ山脈
あらすかさんみゃく
Alaska Range

北アメリカ北西部、アラスカ湾の海岸線と平行の弧を描いて発達するアラスカの主要な山脈。東はカナダコースト山地に、西はアラスカ半島を経てアリューシャン列島に続き、アラスカではもっとも若い山脈の一つである。長さ約1000キロメートル。幅はカナダ国境付近で50キロメートル程度だが、西にいくほど広くなり、主峰マッキンリー山(6194メートル。2015年デナリに名称変更)付近で約200キロメートルとなる。氷河の発達が著しく、とくに南側には長大なものがある。アラスカの脊梁(せきりょう)をなすが、太平洋側とベーリング海側に水系を分ける分水界はおおむね主脈よりも南側にある。とくに東部の主要な6本の河川はいずれも主脈の南側に発し、主脈を北へ横切ってユーコン川に合する。これは山脈形成以前の水系パターンを継承したためと考えられている。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラスカ山脈の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカメキシコアメリカンアラスカ新大陸北米亜米利加汎アメリカ主義北アメリカ大陸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラスカ山脈の関連情報