コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ山脈 アラスカさんみゃくAlaska Range

翻訳|Alaska Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラスカ山脈
アラスカさんみゃく
Alaska Range

北アメリカ大陸の北西部に突出したアメリカ合衆国アラスカ州の南半を占める弧状山脈。アリューシャン山脈からカナダのユーコン准州の境界まで約 650kmにわたって弧状に延び,北側にユーコン川とクスコクウィム川が流れる。三つの山系に分かれているが,どの山系にも氷河が残っている。多くの活火山があり,北アメリカ最高峰のデナリマッキンレー山。6190m),フォラカー山(5304m),ハンター山,ヘーズ山を含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラスカ山脈
あらすかさんみゃく
Alaska Range

北アメリカ北西部、アラスカ湾の海岸線と平行の弧を描いて発達するアラスカの主要な山脈。東はカナダのコースト山地に、西はアラスカ半島を経てアリューシャン列島に続き、アラスカではもっとも若い山脈の一つである。長さ約1000キロメートル。幅はカナダ国境付近で50キロメートル程度だが、西にいくほど広くなり、主峰マッキンリー山(6194メートル。2015年デナリに名称変更)付近で約200キロメートルとなる。氷河の発達が著しく、とくに南側には長大なものがある。アラスカの脊梁(せきりょう)をなすが、太平洋側とベーリング海側に水系を分ける分水界はおおむね主脈よりも南側にある。とくに東部の主要な6本の河川はいずれも主脈の南側に発し、主脈を北へ横切ってユーコン川に合する。これは山脈形成以前の水系パターンを継承したためと考えられている。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アラスカ山脈の関連キーワードマッキンリー[山]ロッキー[山脈]北アメリカ大陸アラスカ[州]デナリ国立公園ブルックス山脈フォーラカー山ランゲル山脈ロッキー山脈デナリ[山]マッキンリー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android