コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラメ

4件 の用語解説(アラメの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アラメ

 [Eisenia bicyclis].褐藻綱コンブアラメ属の海藻.食用のほか,アルギン酸の原料になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アラメ

褐藻類コンブ科の多年生海藻。本州〜九州の沿岸に分布。低潮線付近から深さ約10mの海底に群生,カジメとともに海中林を形成し,魚介類のよい生息場所となる。1年めの体形はササの葉形,2年め以降は基部付近でふたまたに分かれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海藻海草標本図鑑の解説

アラメ

からだは二叉に別れた長い茎の先に多くの葉をつけ,言わば2本の“はたき”の状である。異型世代交代(普通に目にす るのは巨視的な胞子体であり,配偶体は数mmの微視的な糸状体である)を行い,はたきの様な体(胞子体)は多年生で,3〜8年の寿命があるという。夏から 秋にかけて成熟し,多数の遊走子を放出する。遊走子は発芽して雌雄の微視的な糸状体(配偶体)となり,それらの卵・精子が受精して元の藻体(胞子体)とな る。3月頃に発芽した1年目の藻体は,短い茎に笹の葉状の中央葉を付け,生長するとその両縁に数枚の側葉を羽状に付けるが,秋には中央葉の末枯れが起こ る。2年目からは茎の先が二叉に分岐し,それぞれの分叉枝の先からたくさんの側葉を出す。茎状部は1〜2mになる。本種は潮間帯の下部から潮下帯の岩礁上 に密な群落を形成し,その群落はアラメ場や海中林などと呼ばれ,魚介類の産卵・発育の場になっている。アラメや近縁のサガラメの葉部は日本各地で古くから食用とされており,また藻体から抽出されるアルギン酸はいわゆる増粘性多糖類であり,安定剤として食品添加物として利用されてきた。和名のアラメはワカメ(若布)より荒い感じがする「荒布」からきている。銚子の漁業関係者はアラメのことを”かじめ”と呼んでおり,茨城県の大洗海岸でも同様である。アラメの近縁種にもカジメと いう海藻がおり,それは茎の先が二叉に分かれない種類である。アラメとカジメが同所的に生える場合,垂直的にはアラメがカジメより浅いところに生育し,水 平的にはアラメはカジメの生育していない北方域まで分布している。カジメは大原市沿岸には普通に生育しているが,銚子では見られないので,九十九里海岸の どこかでカジメの分布北限があると思われる。文献上のカジメの分布域は大洗までとされている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラメ
あらめ / 荒布
sea oak
[学]Eisenia bicyclis Setchell.

褐藻植物、チガイソ科の海藻。古名は滑海藻、黒菜など。暗褐色で、下方に1本の茎があり、茎の上端は二またに分岐して、それぞれに十数枚の革膜質の細長い葉片をつけ、全体形では大形のはたき状を呈する。葉片は両縁に不定形の側葉片を出し、葉面には縦走するしわがある。全長1~3メートルにもなる大形の多年生藻。温海性で、太平洋岸では岩手県南部の大船渡(おおふなと)湾以南から宮崎県北部まで、九州西岸、鳥取県以西の日本海沿岸にも産する。ホンダワラ類、カジメなどと藻場(もば)を形成し、沿岸水産物の資源保全に役だっている。古くから食用として利用され、現在ではアルギン酸の原料として活用されている。
 平安中期に編纂(へんさん)された『延喜式(えんぎしき)』(927完成)には、滑海藻という名がよく出るが、これをアラメとするのが通説である。現今のアラメは、どこの産でも食用にされるといわれるが、多くは幼体を食用とし、成体は硬いため食用としていない。しかし、駿河(するが)湾西岸から和歌山県の潮岬(しおのみさき)西側までに産するアラメは、成体も柔らかいため、古くから食用にされており、他地区産よりも美味である。昔から静岡県の御前崎周辺産のサガラメ(相良布)は有名で、体形も北アメリカや南アメリカに産するエイセニア・アルボレアEisenia arboreaによく似ている。なお、日本海中北部方面で「アラメ」とよんで成体も食用にしている海藻は、アラメとは別属種のツルアラメである。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラメの関連キーワード死に別れ死に別れる永の別れ二葉蘭別れ生別れ米薄立金花フキダハミス岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラメの関連情報