コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリスイ(蟻吸) アリスイwryneck

翻訳|wryneck

1件 の用語解説(アリスイ(蟻吸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アリスイ【アリスイ(蟻吸) wryneck】

キツツキ目キツツキ科の鳥(イラスト)。全長約18cm。羽色は全体が灰褐色で,黒色や褐色の横斑がある。キツツキ類の中では変り者で,他のキツツキ類のように,樹幹に垂直にとまることは少なく,樹皮にくちばしで穴を開けて昆虫類をとることもない。尾羽の羽軸がかたくなく,くちばしも強くない。疎林や林縁にすみ,その名のように地上に降りて長い舌でアリ類の成虫やさなぎを吸いとるようにして食べる。樹上では小鳥類のように,枝に直角にとまり,樹皮の間や葉裏から昆虫類を舌でなめとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアリスイ(蟻吸)の言及

【斜頸】より

…くびが左右に傾いた位置で拘縮し,正常位をとることができない状態の総称。先天性筋性斜頸が最も代表的なもので,これは左右どちらかの胸鎖乳突筋が出生時に過伸展などによる損傷を受け,その結果筋肉が変性,短縮して生じたものである。くびは患側に傾くと同時に健側に回旋し,反対方向を向くことができない。生後1~2週間から胸鎖乳突筋内に指頭大の腫瘤を生じ,1ヵ月以後腫瘤が消失するにしたがい筋肉がひも状に固くなり,斜頸が目だってくる。…

【キツツキ(啄木鳥)】より

…雛は2~3週間で巣立つが,大型種では5週間もかかる。 マダガスカル,ニューギニア,オーストラリアおよび太平洋の島々を除く全世界に約210種が分布し,アリスイ類2種,コビトキツツキ類約30種と典型的なキツツキ類約180種に分けられる。アリスイ類はアフリカ,ヨーロッパ,アジアに分布し,地上でアリ類を食べる。…

※「アリスイ(蟻吸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone