コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ性食品 アルカリせいしょくひん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリ性食品
アルカリせいしょくひん

体内で塩基 (アルカリ性を与える) を生じる無機質が多い食品をいう。食品のアルカリ性の度合いは,食品 100gを焼いて得られた灰分を中和するに要する規定酸液の cc数で表わされる。牛乳,野菜,果実類,芋類はアルカリ性残基を残すのでアルカリ性食品である。果実のうち柑橘類は酸味が強く,実際にクエン酸が存在するが,これは体内で完全に酸化燃焼して最後には二酸化炭素になるので,体内の無機質の反応には関係ない。また一般に酒類は酸性食品であるが,ワインは酒類のなかでは唯一のアルカリ性食品である。人間の血液は常に一定の pHに保たれており,すぐに酸性になったり,アルカリ性になったりするわけではないが,アルカリ性食品を適度に食べることは栄養のバランス上よいと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルカリ性食品【アルカリせいしょくひん】

食品を燃焼して灰にしたとき,その灰分中にナトリウムカリウムカルシウム等のアルカリ性を示す元素を多く含む食品で,野菜,果物,牛乳など。食品100gを燃焼して得る灰分を一定の条件下で水に溶解し,その水溶液のアルカリを中和するのに要する1規定の酸のミリリットル数で表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アルカリ性食品

 食品の有機成分が代謝されたあと,残る無機成分がアルカリ性を示す食品.もしくは,食品を燃焼させたあとにアルカリ性の灰分が残る食品.塩素,リン,硫黄の多い食品,例えば穀物は酸性食品.カリウム,ナトリウム,カルシウム,マグネシウムなどの多い食品にアルカリ性食品が多い.牛乳はカルシウムに富み,アルカリ性食品である.以前,体液のpHをアルカリ側に変化させる食品との考えも提示されたが現在では否定されている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルカリせいしょくひん【アルカリ性食品】

食品のミネラル(無機質)について,カルシウムCa,カリウムK,ナトリウムNa,マグネシウムMg,鉄Feなどが,リンP,塩素Cl,硫黄Sなどに比べて多い食品をいう。食品を空気中で燃焼すると,糖質や脂質は二酸化炭素(炭酸ガス)と水になって消失し,ミネラルはタンパク質や脂質に含まれるものも含め,灰分として残る。食品のアルカリ度は,食品100gを燃焼して灰にし,その残った灰を一定の条件で溶解し,その水溶液のアルカリを中和するのに要する1規定の酸のcc数をもってあらわす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルカリせいしょくひん【アルカリ性食品】

ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムなどがリン・硫黄いおう・塩素などよりも多く含まれている食品。野菜・牛乳・果物など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ性食品
あるかりせいしょくひん

食品に含まれている無機質のうち、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどアルカリをつくるものが、リン、硫黄(いおう)、塩素など酸をつくるものよりも多い食品をいう。これに対して酸をつくる無機質の多いものを酸性食品という。測定法は、一定量の食品を焼いて得た灰分を水に溶かし、これを中和させるのに必要な酸の量をみるか、灰分中の元素分析を行い、両群の元素のミリグラム当量の差から算出する。一般に、カリウムやカルシウムの多い野菜、果実、海藻、キノコ、いもなどがこれに入る。体液が水素イオン濃度指数(pH)7.4に維持されていることから、アルカリ性食品が健康によいといわれたが、体の機能はつねに一定のアルカリ度を保っているので、摂取する食品によって影響は受けない。[河野友美・山口米子]
『山口迪夫著、国民栄養振興会・日本栄養士会栄養指導研究所編『アルカリ性食品・酸性食品の誤り』(1987・第一出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone