コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ金属 アルカリきんぞく alkali metal

5件 の用語解説(アルカリ金属の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリ金属
アルカリきんぞく
alkali metal

周期表1族に属するリチウムナトリウムカリウムルビジウムセシウムフランシウムの6元素の総称。いずれも希ガス型の1価の陽イオンとなる。イオン化エネルギーが小さく,元素中最も陽性で,陰性の元素とイオン結合の化合物をつくり,共有結合の化合物,錯塩をつくりにくい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルカリ金属【アルカリきんぞく】

周期表第I族元素のうち,リチウムLi,ナトリウムNa,カリウムK,ルビジウムRb,セシウムCs,フランシウムFrの6金属元素をいう。いずれも元素中最も電気的に陽性で,1価の陽イオンとなりやすい。
→関連項目苛性アルカリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルカリきんぞく【アルカリ金属 alkali metals】

周期表周期表第I族(第IA族)に属する金属元素で,性質のきわめてよく似たリチウムLi,ナトリウムNa,カリウムK,ルビジウムRb,セシウムCs,フランシウムFrの6元素の総称。自然界に単体としては存在せず,リチウムは雲母などの鉱物として,ナトリウムは海水中および岩塩鉱床中に,主として塩化物として産出する。カリウムは塩化物や硫酸塩の形で,やはり岩塩鉱床中に含まれ,これに伴って微量のルビジウムやセシウムも見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルカリきんぞく【アルカリ金属】

周期表上で 1 族に属する、リチウム・ナトリウム・カリウム・ルビジウム・セシウム・フランシウムの六つの金属元素の総称。銀白色で軟らかく、比重は小さい。特有の炎色反応を示す。電気的陽性・イオン化傾向とも最も強く、一価の陽イオンになりやすい。水と反応して強塩基性の水酸化物を生じる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ金属
あるかりきんぞく
alkaline metals

周期表第1族元素、すなわちリチウム、ナトリウム、カリウム、ルビジウム、セシウム、フランシウムの6元素の総称。
 このうちナトリウムおよびカリウムは海水や植物中に、あるいは岩塩鉱物などとして広く多量に存在するが、それ以外は希元素に属し、とくにフランシウムは寿命の短い放射性同位体として微量存在するにすぎない。リチウムは雲母(うんも)などの鉱物から、ルビジウム、セシウムは主としてカリウムに伴って産し、特別な鉱石はまれである。アルカリ金属は、元素中で電気陽性がもっとも高く、容易に電子1個を失って希ガス元素と同じ構造の1価陽イオンの化合物をつくりやすい。このイオンは酸化還元を受けにくく、安定な塩をつくる。したがって金属をつくる場合にも普通の方法ではむずかしく、塩を高温で融解して電解する。固体はすべて柔らかい銀白色の金属で、空気中ではただちに光沢を失い、密度、融点、沸点などが低いのが特徴である。また炎色反応を示し、リチウムは深紅色、ナトリウムは黄色、カリウムは紫色、ルビジウムは深赤色、セシウムは青紫色である。多くの非金属元素と活発に直接作用するが、とくに酸素、ハロゲンなどと化合し、水素と反応して水素化物をつくる。またリチウムは窒素、炭素とも直接化合する。常温で水と反応して水素を発生し、強塩基性の水酸化物を生ずる。リチウムを除いて塩は水に溶けやすい。金属を放置すると湿気と反応するので、石油やパラフィンの中に入れて保存する。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカリ金属の関連キーワードアルカリ土類金属白金タリウム土類金属ニッケルネオジムリチウムカルコゲン元素周期表

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルカリ金属の関連情報