アルパカ(英語表記)Lama glama pacos; alpaca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルパカ
Lama glama pacos; alpaca

偶蹄目ラクダ科。体長約 1m。が良質で,毛を得るために南アメリカ家畜化された。原種グアナコと考えられている。チリ,ペルーなど南アメリカ北西部で育養されている。

アルパカ
alpaca

経糸に綿糸,緯糸に南アメリカ産のアルパカの梳毛 (そもう) 糸を用いた織物。アルパカの光沢のある独特の風合いをもつ。黒色,褐色などの無地染が多く,夏服地などのほか服裏地に使われる。近時は合成繊維を使用して,アルパカに似せた織物もつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルパカ(alpaca)

ラクダ科の哺乳類。南米のアンデス山中で飼われ、毛をとる。
1の毛を紡いだ糸。また、それで織った織物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルパカ【alpaca】

毛用に飼われるラクダ科の哺乳類(イラスト)。ペルー南部とそれに接するボリビア,アルゼンチン北部の4200~4800mのアンデス高地で放飼いにされる。肩高90cm,体長1.5m前後,ラマ(リャマ)に似るが小さく頭と四肢が短い。背が丸く尾の基部が高まらない。長い首をもち,豊かな毛に覆われる。後脚のたこはあるものとないものとがある。体毛がきわめて長く,地面に接するほどの長毛品種と毛が比較的短い短毛品種がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルパカ【alpaca】

偶蹄目ラクダ科の家畜。体長2メートル、肩高1メートルほど。ラマに似るが毛が長い。主に毛を利用するために南アメリカのアンデス地方で飼育される。
の毛の繊維から製した糸・織物など。光沢と弾力がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルパカ
あるぱか
alpaca
[学]Lama pacos

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ラクダ科の動物。南アメリカのチリ、ペルー、ボリビアのアンデス山岳地帯で飼われている家畜である。原種の野生種はすでに滅びたものと考えられている。体形はラマに類似するが、やや小形で、体長2メートル、肩高90センチメートル程度である。紀元前4~3世紀にはすでに家畜化されていたと考えられ、その主目的は毛用であったと思われる。事実、アルパカの毛並みは非常にしなやかで毛質はよく、毛の長さは10~12センチメートル、長いところでは40センチメートルにも達する。20世紀末でもペルー、ボリビアでは200万頭が飼育され、ヒツジが果たす役割を担っている。毛は衣類やカーペットに用いられ、その製品もアルパカとよばれている。妊娠期間は330日、1産1子である。日本では名古屋市東山動植物園、鹿児島市平川動物公園などで飼育されている(2003現在)。[中川志郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルパカの言及

【羊毛】より

…羊毛はメンヨウから切り取った毛で,ウールともいい,人間が利用する動物の毛の大部分を占める。動物の毛としてはヘア(獣毛)と呼ばれるラクダ毛,カシミア毛,モヘア(アンゴラヤギ毛),アンゴラウサギ毛,アルパカ毛も繊維として使われる。ヒツジは有史以前から中央アジア地方で飼育されたらしい。…

※「アルパカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルパカの関連情報