コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミノケイ(珪)酸塩 アルミノけいさんえん

百科事典マイペディアの解説

アルミノケイ(珪)酸塩【アルミノけいさんえん】

アルミナAl2O3,シリカSiO2,塩基からなる形式の塩の総称。一般式(図)。2価の陽イオンを含む2種類以上の金属イオンが入る場合もある。天然には長石類,雲母類,沸石類,粘土類など鉱物として多量に存在する。
→関連項目アルミニウム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

アルミノケイ(珪)酸塩の関連キーワードメタアルミナ型造滓溶剤脱珪酸作用パーアルミナ型ボーキサイト耐火粘土ニグリ値飽和サブアルミナ型ACF図

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android