コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミノケイ酸塩(アルミノ珪酸塩) アルミノけいさんえんaluminosilicate

世界大百科事典 第2版の解説

アルミノけいさんえん【アルミノケイ酸塩(アルミノ珪酸塩) aluminosilicate】

ケイ酸塩(または二酸化ケイ素)のケイ素の一部が,アルミニウムによって置換されて生ずる塩。ケイ素は4価,アルミニウムは3価であるから,その差を他の陽イオン(ナトリウム,カルシウムなど)によって補っている。実際の化合物におけるアルミニウムとケイ素との原子比は0~1/3である。天然に鉱物として多種,また多量に存在し,世界中のケイ酸塩鉱物の多くはこれに属する。これらをアルミノケイ酸塩鉱物という。そのうち,長石群,沸石群では,ケイ素およびアルミニウムはそれぞれが4個の酸素原子によって正四面体にとり囲まれており,四面体の頂点にある酸素原子はすべて隣の四面体と共有されている(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android