アルミノケイ酸塩(読み)あるみのけいさんえん(英語表記)aluminosilicate

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルミノケイ酸塩
あるみのけいさんえん
aluminosilicate

ケイ酸塩のケイ素アルミニウムで置換した形の化合物の一般名称。一般式xMI2OyAl2O3zSiO2nH2O。岩石を構成する主要な化合物で、地球上にもっとも広く分布しており、長石類、沸石類、雲母(うんも)など重要なものが多い。長石類では曹長石NaAlSi3O8、灰長石CaAl2Si2O8など、沸石類ではソーダ長石Na2Al2Si3O102H2O、方沸石NaAlSi2O6H2Oなど、雲母類では白雲母KAl2(OH)2AlSi3O10、黒雲母K(Mg,Fe)3(OH,F)2(Al,Fe)Si3O10などである。ケイ酸イオンのケイ素をアルミニウムで置換したアルミノケイ酸イオンを含み、平面無限層状構造や三次元骨格構造をつくっている。たとえば雲母中では平面層状イオンがあるため劈開(へきかい)する。また沸石中では三次元の籠(かご)型構造があり、籠の中の空間には小分子を収蔵することができ、分子ふるいとして使われたり、イオン交換体として使われる。沸石類は天然に存在するもののほか、工業的に多くのものがつくられ、分子ふるいやイオン交換体として広く使われている。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android