コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンダル1世 アレクサンダルいっせいAleksandar I; Alexander Joseph von Battenberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンダル1世
アレクサンダルいっせい
Aleksandar I; Alexander Joseph von Battenberg

[生]1857.4.5. ベローナ
[没]1893.10.23. グラーツ
ブルガリア公 (在位 1879~86) 。バッテンベルク侯アレクサンドルとも呼ばれる。ロシア軍に仕官し,露土戦争 (1877~78) に従軍した。この戦争の結果ブルガリア公国が誕生すると,叔父のロシア皇帝アレクサンドル2世の支持を得て 1879年4月にブルガリア公に選ばれたが,アレクサンドル2世の暗殺後まもなく新皇帝アレクサンドル3世の寵を失い,その後ロシアによる内政干渉により両国間の関係も悪化した。 1885年 11月セルビアがオーストリア=ハンガリー帝国の黙認のもとにブルガリアに侵入。ブルガリア軍はこれを撃破したが,セルビア領への反撃はウィーンの圧力によって阻止された。これはドイツ系の公に対する不満によるものといわれ,1886年のクーデターで退位を余儀なくされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

アレクサンダル1世
Aleksandar Ⅰ・Karadjordjević


1888 - 1934
ユーゴスラビア国籍。
元・ユーゴスラビア国王。
1914年に病気がちな父セルビア国王ペータル1世にかわり、摂政として国務に関与した。’18年に南スラブ族の統一国家「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」の建国を宣言し、’21年に統一国家の国王になったが、国制や民族の対立の中、’29年に議会を解散して国王の独裁を宣言し、国名をユーゴスラビアとした。’34年に亡命クロアチア分離主義者によりマルセイユで暗殺された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

アレクサンダル1世

生年月日:1888年12月16日
ユーゴスラヴィア王(1921〜34)
1934年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

アレクサンダル1世の関連キーワードフェルディナント1世[ブルガリア王]エフクシヌグラート宮殿旧ユーゴ諸国史(年表)カラジョルジェビチ家スタンブロフカラベロフペタル1世生年月日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android