コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンダル1世 アレクサンダルいっせい Aleksandar I; Alexander Joseph von Battenberg

2件 の用語解説(アレクサンダル1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンダル1世
アレクサンダルいっせい
Aleksandar I; Alexander Joseph von Battenberg

[生]1857.4.5. ベローナ
[没]1893.10.23. グラーツ
ブルガリア公 (在位 1879~86) 。バッテンベルク侯アレクサンドルとも呼ばれるロシア軍に仕官し,露土戦争 (1877~78) に従軍した。この戦争の結果ブルガリア公国が誕生すると,叔父のロシア皇帝アレクサンドル2世の支持を得て 1879年4月にブルガリア公に選ばれたが,アレクサンドル2世の暗殺後まもなく新皇帝アレクサンドル3世の寵を失い,その後ロシアによる内政干渉により両国間の関係も悪化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

アレクサンダル1世
Aleksandar Ⅰ・Karadjordjević


1888 - 1934
ユーゴスラビア国籍。
元・ユーゴスラビア国王。
1914年に病気がちな父セルビア国王ペータル1世にかわり、摂政として国務に関与した。’18年に南スラブ族の統一国家「セルビア人クロアチア人スロベニア人王国」の建国を宣言し、’21年に統一国家の国王になったが、国制や民族の対立の中、’29年に議会を解散して国王の独裁を宣言し、国名をユーゴスラビアとした。’34年に亡命クロアチア分離主義者によりマルセイユで暗殺された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンダル1世の関連キーワードベローズグアリーノダベローナべろんべろんアレーナ・ディ・ヴェローナガベローンズイル ベローネカフェベローチェベローナ・クラブの不愉快な事件ベローナ会議ベローナの謎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone